海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
過剰右手の謎
みなさんにゃっはー♪

今日も少し計算を。
今まで+8中型グラにて気が付かなかったが、高過剰になるにつれてダメージがバラツク。
以前知り合いから、『DEXが低いからダメージがバラツク』と話を聞いていたが実際+10なんて高額武器を入手する事も無く気にしていなかったが、自分が直面することになりこの際調べてみることにした。

今回も長文になる為に『続きを読む』をどうぞ。
今回は、STRを110にしての計算、考えてみたが120は装備が固定される為にあまり思わしくないと判断。アクセサリーをフリーにして計算をしてみる事に。
AGI:80+17 DEX:45+8
やはり敵は『パーメットタートル』君を使用。大活躍である。
昨日も乗せたが。
○STR110での+7の違い。(DEX:45+8(53)の場合)
A                       B
右手:+7TBdグラ 左手:+4錐       右手:+4錐 左手:+10QBdマイン
通常右手:532~632            通常右手:590~632
通常左手:291~311            通常左手:266~292
   DA:1355~1575              DA:1446~1556

ここで見るのがDA時の差。A:『220』B:『110』
敵にどれだけ与えるかを見た場合最大ダメージを見るか最小ダメージを見るか。
この場合、どっちを見てもBの方法を選ぶ人が多いだろう。
敵を早く倒すのが前提なら最小ダメージが高い方を選ぶのは間違いない選択だと思う。
あくまでも前提。資産に有った装備を選ぶのが無難であるからである。

そこで、『サイズ特化』なら高過剰+8↑を所持している人も少なく無いだろうと思う。
○STR110での+8の違い。(DEX:45+8(53)の場合)
A                       B
右手:+8TBdグラ 左手:+4錐       右手:+4錐 左手:+10QBdマイン
通常右手:540~652            通常右手:590~632
通常左手:291~311            通常左手:266~292
   DA:1371~1615              DA:1446~1556

結果A:『244』B:『110』である。
ここに来て+7に比べても明らかにダメージが上がり+8右手ならAを選ぶ人も多いかもしれない。

さらに上位を考えるならここはあえて+9を超えて+10での計算をしてみることに。
○STR110での+10の違い。(DEX:45+8(53)の場合)
A                       B
右手:+10TBdグラ 左手:+4錐      右手:+4錐 左手:+10QBdマイン
通常右手:554~693            通常右手:590~632
通常左手:291~311            通常左手:266~292
   DA:1399~1697              DA:1446~1556

結果A:『298』B:『110』である。
+10なんてと思う人も少なくないと思うが、ここまでくれば明らかに+10右手の方が良いだろう。
しかし+7からみても明らかにDA時のダメージ差は大きくなってきてる。
過剰によるダメージのバラツキ。計算はあくまでもDEX:45+8の場合である。
ここで、STR装備に縛れない為にSTRを110に調整したままDEX装備をしてみる事にした。

DEX:素45+19(64)ジョブ63+ニンブルグローブ×2+矢りんご。
○STR110での+7の違い。
A                       B
右手:+7TBdグラ 左手:+4錐       右手:+7TBdグラ 左手:+4錐
通常右手:532~632            通常右手:553~635
通常左手:291~311            通常左手:284~304
   DA:1355~1575              DA:1398~1583
DEX約11の差にてA:『220』B:『185』 A-B=35
縁のステ上のDEX限界装備(鎧は無視)では前回のAに比べて今回のBは35上限が上がった。
と言う結果になった。あくまでも右手+7での計算である。

○STR110での+10の違い。
A                       B
右手:+10TBdグラ 左手:+4錐      右手:+10TBdグラ 左手:+4錐
通常右手:554~693            通常右手:575~696
通常左手:291~311            通常左手:292~313
   DA:1399~1697              DA:1442~1705
DEX約11の差にてA:『298』B:『263』 A-B=35
DEXを11UPして場合35上限UPとなった。
そう考えると、素45ではカナリ厳しい事が分かったが・・。

アサシンでどこまでDEXを上げるか、人によりけりになってくるが・・・。
AGIを70+16(86)にしSTR89+11(100)にしてDEX60+19(79)にしてみることにした。

○STR110での+7の違い。
A                       B
右手:+7TBdグラ 左手:+4錐       右手:+7TBdグラ 左手:+4錐
通常右手:532~632            通常右手:576~640
通常左手:291~311            通常左手:295~316
   DA:1355~1575              DA:1447~1596
DEX約26の差にてA:『220』B:『149』 A-B=71
DEX差26にて71の上限UPした。
アサシンでDEX60の人は私はあまり知らないが、もし60の人がいるならば・・。

○STR110での+10の違い。
A                       B
右手:+10TBdグラ 左手:+4錐      右手:+10TBdグラ 左手:+4錐
通常右手:554~693            通常右手:597~701
通常左手:291~311            通常左手:295~316
   DA:1399~1697              DA:1489~1718
DEX約26の差にてA:『298』B:『229』 A-B=69
DEX差26にて69の上限UPした。
これ以上DEXを振る人がいるか分からないが、右手が高過剰になると言うことは、その分ダメージがバラツクと言う覚悟は必要だと言うことが分かった。
確かにDEXを上げる事でそのバラツキは多少抑えること出来るがそこまでの必要があるかは考えものだった。

番外編 『アラーム』様の事情。
○STR110での+7の違い。
A                           B
右手:+7TBdグラ 左手:+10QBhマイン     右手:+7TBdグラ 左手:+10QBhマイン
通常右手:578~683                通常右手:640~694
通常左手:149~161                通常左手:152~164
   DA:1305~1527                  DA:1432~1552
DEX約26の差にてA:『222』B:『120』 A-B=102

○STR110での+10の違い。
A                           B
右手:+10TBdグラ 左手:+10QBhマイン    右手:+10TBdグラ 左手:+10QBhマイン
通常右手:617~776                通常右手:679~787
通常左手:149~161                通常左手:152~164
    DA:1383~1713                  DA:1510~1738
DEX約26の差にてA:『330』B:『228』 A-B=102
さすがアラーム様・・・難しい回答を下さった・・・。

サイズ過剰は確かに使い道が多いがダメージのバラツキがあることだけは忘れないでおこう・・。
今後製作の為にも・・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
計算間違いしてなければ良いが・・。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/22(木) 14:16:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。