海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
生体研究所2F。(4)
みなさんにゃっはー。

5日目となった生体研究所2Fでの狩りの模様を載せたいと思います。
今回は番外編と題しまして、1次職DOP以外のMOBの処理の模様を載せたいと思います。
考察では、1次DOPのみを倒す事を考えておりましたが、実践では案外他のMOBも出会う事が多く処理に困る事もある為に対策を練り、一区切り付いたので乗せる事にする。

生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
07115-1.jpg
07115-2.jpg
今まで、ジェミニの処理は、殴りにて攻撃しつつSPの回復をと狙ってはいたものの。
LAを入れてSBrをした方が処理が早い事からSPの残りを伺いつつ処理する事に。

錐+QHにて14900~15000前後の数字を出す事が可能ではあるもののMHPが高い事からどうしても4回SBrを行わないと駄目なのが痛い所。
その分、倒す速度は格段に上がった為に効率を出す事へと繋がる糸口へとなったのは良い発見だと思う。

07115-3.jpg
このリムーバ、地味に不死属性でも在る為にヒール砲を使う事が可能。
その間に、お座りする事にてSPの回復を促す作戦。
MHPも高く無い事もあってヒール砲も多く連打する事も無いので無難に処理が出来る。

07115-4.jpg
07115-5.jpg
生体研究所2Fで一番厄介なMOBがこの唯一転生DOMであるアサクロ事ガイル。

高フリーにより高HITを要する為に武器はQAしか所持できず、購入したDH海東剣を使用してのSBrを決行。
以前から、このアサクロDOPには痛い目を見せられており接近にて多くのデスペナを築いて着た事もあって『接近戦』は考えられずに、サンクを引いて貰い、LAを載せてもらった所に確実なSBrで撃破をする作戦へをでた。

07115-6.jpg
平均で10kを叩き出す事が可能。
常時LAも抱えてもらいながらは厳しいので、SBrの連打に合わせてもらう形を取って極力早く処理をするように心がける。
DLを忘れずまずSBなどのスキルを封印し、立ち位置を確認してからの安全処理を目指しつつ・・・。

たまに起きる不意な事故に悩む事も多々・・。
応用は常に問われる・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
そろそろほかの狩場への進出をもくろむ。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。