海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ME日記第二章【MVP編】
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
マグヌス神のエクソシズム、使われるキャラクター・・・。

061114-1.jpg
コウモリの大群を発見。
直ちに聖域を発動し支援を行う。

GD2Fに出現するMPVドラキュラの取り巻きファミリアが見えた。
ドラキュラの戦い方の基本はサンクチュアリによる攻撃。
MEの利く属性のボスではあるがMDEFが高すぎる為に、固定ダメージで回復するサンクを使用する。

061114-2.jpg
しかし、ソロで倒すなどトラに挑む一匹のウサギ同然。
気合を入れ、対峙したがあえなくデスペナを受けた。
Lv70代だったとか思い返す事もしたくない。

タイトルの意は、不明のままである・・・。

061114-3.jpg
負けてたまるか。
その時点で、既に負け犬の遠吠えとも知らずに・・。

再度、挑戦と迎えばそこは、終了の意の解散風景。
もともと、ソロでは撃破の難しいボスだけに、何回死ねば倒せるか試してみたいと思ったり。

デスペナを増やす事に成ろうとも。
いや、それは無いだろ?

061114-4.jpg
ボスは解散風景を横目にGD3Fへ降り立ちバックサンクの練習を続ける。
死と薄板一枚の紙一重ではあるが。
MOBを一定方向へ誘い込み、サンクを後ろへ放つ。

忘れていけないのは初歩だっ!

061114-5.jpg
バックサンクが四方八方に設置出きるなら、まず問題ないだろう。
しかし、そんな高レベル直ぐに出きるわけが無い。

高レベルと言うのも、自分に視点から見て目視で4マス数える事は先ず遣らないと言っても過言ではない。
後は、感覚となれば数をこなすしかないだろう。

そろそろ、SSのバックサンクの位置が固定されつつある事に気が疲れただろうか?

いや、まだだろ?

それでは今日はこの辺で~ノシ
視点切り替えで、目もぐるぐる。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。