海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ME日記第二章【激闘編】(2)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
ニブルからGD3Fへの引越し完了。

06119-1.jpg
今、までのSSはME発動後で白いSSで何がなんだか分からないと。
しかし、そんなご心配は無用。
サンクを置いてMOBの被ダメを相殺し、そこにMEを放つ。
この方法だと、安定した狩が出来る。
2PCのが、確かにMOBの数も壁が居る事から抱える数が違うわけだが。
逆に、ソロだからできる事がある。

危なくなってらテレポだだだ。

06119-2.jpg
バックサンクの目安は自分のキャラの足元から4マス目。
正確には自分のキャラの周りのマス目から3マス目。
の位置にサンクを設置すると、ピンポイントで回復しMOBが進入する事も無く回復だけする事ができる。

と言う、ME狩りの初歩。

06119-3.jpg
SSはタイミングが遅れたのか。
上手く設置出来ているとMOBからの攻撃にて減ったHPをサンクで癒される。
その間にMEを打ちMOBを一掃する。
抱えすぎに注意は必要であるが・・・。

06119-4.jpg
まだまだ未完成であるDEXでのMEの発動だけに詠唱に時間を要するので、サンクが無ければデスペナの運動会になりかねない。

今現在はサンクの練習なので、クリップの持ち替えはやってないので、フェンカードを付けた状態での詠唱は、逆に速度が落ちる為に問題なのだろうか・・・。

早く失敗しないバックサンクを習得したい。

それでは今日はこの辺で~ノシ
サンクかデスペナかの紙一重の世界。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。