海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
10/1GvG~♪
みなさんにゃっはー。

10月初のGvG~。
季節の移り変わるこの時期、今年も秋への道を歩むまでになった。
そんな中毎週行われる熱き戦いその名もGvG。

今日はそのレポートを書こうと思う。
既に、ギルドを移動してから何回目が忘れてしまったが。
今回も、自分のギルドの動きを乗せたいと思う。

それではGvGの記事は『追記を表示』からどうぞ。
06101-1.jpg
今回のもPTLとして参加する事となった。
PTLとして出来る事は少ないが、リンカーとして精一杯の動きをしたく参加する。
PTの完成と共にポタにて砦まえへ移動する。

06101-2.jpg
SSの通り既に、砦の前にはこれだけの人数が居た。
今回の作戦は防衛。
故に、コレだけの数が攻めてくるという事である。
初め3つ巴と有ったが、攻めかぶりをしたのか1同盟が移動し1ギルドとの戦いとなった。

06101-3.jpg
なったが、既にコレだけの人数が砦前に居る。
今回私は、攻めギルドと同時に内部へ入らなくてはならない為に既にちゃんと防衛配置に着けるか不安すら漂う。

06101-4.jpg
エンペ出現と共に開始合図となり敵見方共にERを目指すべく移動を開始する。
一瞬でも出遅れればWPで足止めを食らう。
詰まる。
既に、私も詰まった一人だがこの時間のロスがかなり痛い。

06101-5.jpg
無事に内部へ進入。
しかし、無事とは程遠かった。
内部へ進入する否鯖缶と手厚い歓迎を受けた。
久々の鯖缶、エフェクトを切り忘れた痛手に気がつくのが遅れた事画憎い。

06101-6.jpg
その中、無事にERへとたどり着いたマスターからのEMCにてカラーにERへ復帰を果たした私。

足早に、防衛配置へと移動する。

06101-7.jpg
リンカーに魂をし、支援を急ぐ。
今回、メインで動けるリンカーのが少数ながらも居た事で私のへの圧迫は無くなりかなり余裕な支援が出来た。
前衛を中心にカイトをかけ敵ギルドの攻めを待つ。

06101-8.jpg
支援が間に合ったかと言えばかなり微妙。
敵ギルドは直ぐにERへとそのエンブレムを現しエンペを向かってくる。
06101-9.jpg
こちらも、支援を繰り返し魂やカイト、カアヒにて敵ギルドを迎え撃つ。

06101-10.jpg
ひるむこと無く進む敵ギルドにこちらも負けじと大魔法を繰り出す。
支援しかする事が出来ないリンカーはもどかしさを感じつつも、前衛が安定して敵ギルドを攻撃出来るようにと最善を尽くす。

06101-11.jpg
ベースからの復帰を促すEMC。
私も配置場所から移動されたが、幾度と無く助けられたMEC。
敵ギルドの封鎖が厳しい時などに重宝する。

06101-12.jpg
時により理不尽な攻撃にて死亡する。
何故だか本人すらわからない・・・。

06101-14.jpg
復帰しても敵ギルドの攻めは止まらず。
我々ギルドへアプローチを繰り返す。
私も、負けじとカイトのかけなおしと魂の支援を繰り返す。

06101-15.jpg
またしても・・・。
さすがに、入り口とは距離がと言いたいが不意に動いた時の座標ずれによる前衛の攻撃を食らったのだろうか。
またしても本人にも不明な死亡フラグである。

06101-16.jpg
さらに追い討ちとなる復帰での死亡フラグ。
なかなかERへと向かわせてもらえない。

06101-17.jpg
何とか、ERへたどり着いた時は既に内部は逆転していた。
我々も少数ながら居たが既に敵ギルドに攻め込まれていた。

06101-18.jpg
不意にEMCを貰う。
たどり着いた場所はエンペ。
コレをイナバ防衛というのだろうか?
別鯖で言っていた話を聞いた事がある。

06101-19.jpg
視点を変えて撮影しても、周りには敵ギルドばかり。
出れば死ぬ非情な体験をした。

しかしコレが現実。

06101-20.jpg
ERへたどり着いたがエンペまで向かう事まで許されず。
その手前にて力尽きる。
さすがに、振れる事は許されず・・・・。

06101-21.jpg
防衛場所は、敵ギルドの手に渡ってしまったが1時間半前後の防衛は間違いなかった。
敵ギルドはしぶとかった。

06101-22.jpg
EMCにてB5のER内部へと進入した。
敵ギルドの姿は無くそのまま防衛体制を入る。

06101-23.jpg
その後Gv時間終了となり無事にB5確保となった。

今回、せめて来た敵ギルド後から分かった事なのだが実は9ギルドだったとか。
祭りだったのか不明ではあるが、恐ろしい数で攻めていたに違いない1時間半も良く防衛できたものだ。

皆様お疲れ様でした~♪
防衛は失敗に終わってしまいましたが結果としてB5を確保する事が出来てよかったと。
次回、取り返すや否と期待もあるか。

それでは今日はこの辺で~ノシ
もっと早く更新してくれ。
そう、自ら心の叫びを飲み込み目を閉じるorz

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

ホームに戻る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。