海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ソウルリンカー。(31)
みなさんにゃっは~♪

今日は昨日の続き。
昨日のままでは終われない。
とり人間を克服する為に一人のリンカーはソロに挑む。

0683-1.jpg
今日の彼女は一味違った。
動物盾を装備し被ダメを最小にする。
同時にカアヒLv1へ調整。

出来る限りのSP流出を防ぐ。

0683-2.jpg
囲まれたからと言って動じる事はない。
確実に倒す事とカアヒによる回復が有る限り。

0683-3.jpg
作戦はいい感じに進む。
効率的に出ていると言えないし、囲まれたら飛んで逃げる方が得策に思うが、それでも試みは続く。

0683-4.jpg
ひとたび、反撃盾に持ち替えた途端ダメージが上昇し、Lv1カアヒの上限である200が凄い勢いで見えるようになった。

0683-5.jpg
常時3源盾では、反撃盾を作った意味も分からずと。
MOBにあわせて持ち替えてみる試み。
とり人間は攻撃力があり動物盾を外した途端凄い勢いで被ダメ上昇した。

使用MOBに注意せよと言う事か・・・。

0683-6.jpg
vs ラフレシア。
攻撃力が高くなく、低い被ダメからデスペナを受ける事はない。

0683-7.jpg
動物盾装備でのラフレシア戦。
ラフレシアは反撃盾装備でも良いのではないかと。
それ以外は苦しくも動物盾を装備した方が無難と見えた。

被ダメの減少によりカアヒのLvを下げSPの流出を防ぐ。
しかし、MOBのASPDが下がるわけではないので、流れるSPをとめる事は不可能。
呪いでもかけ、相手の動きを遅くして倒す方法はどうだろうか・・・。

まだまだ、やれる事は多そうである。

それでは今日はこの辺で~ノシ
カースダガー!?
呪い特化短剣!?
どっちがよいのやら・・・。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。