海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
BM中級編♪
みなさんにゃっはー♪

ちょっとうだうだになってきましたが。
今日はBMの中級編をお届けしたく思います~♪
注意が一つ。
ここでのバトルモードは私向けの配置である為誰でもが同じ配置で出来るとは限りません。
自分でバトルモードと試す際に少しでも私の使い方が役に立つ事が出来ればと思っております。
誤爆が絶えずなかなか簡単には出来ないBMを少しでもやり易くわかりやすく乗せていきたく思います♪

6412-1.jpg
今回参考に使う配置はタートルアイランドD1Fで使用するものです。

昨日の用に配置が決まれば一番初めに壁にぶつかると思います。
チャットなどの会話に不自由してしまうという点。
誰もがそこにたどり着き、会話とBMの両立を試みては誤爆を繰り返していると思います。

私もその一人で今でも誤爆は良くいたします。
私が先ずBMをするに当たってした事は、エモのショートカットを使用することでBMの切り替えを最短で行えるようにする事。
そのことで狩りと休憩時の会話を使い分ける事が直ぐに出来る。

次に、意識を常に会話=『Enter』と自分に思い込ませる。
BMの仕様上一度『Enter』を押す事でログが点滅し文字が打てるようになる。
解除はまた『Enter』で戻るのだがそこが難しい。
現在の仕様でBM中は色が変わる為に比較的文章を打つときとの差がわかる為に楽である。
会話の前に意識的に右手の小指もしくは薬指で『Enter』を押してポームポジションへ指を動かして会話をする。
もう一回文字を打つときはそれを繰り返す。
連続でコメントを打とうと考えると誤爆をするので注意が必要である。
先ずは急がずゆっくり『Enter』を意識つける事をしてみると楽かもしれない。
ドン(Enter)、ガタガタガタガタ(会話タイビング)。
見たいなイメージな音だと思います(笑

配置の説明。
昨日の配置が基準に持ち替えの武器が多少違うぐらいです。
『J』の錐の↑『U』に火海東剣を配置して土亀SBr用に持ち返る。
『F』のペスト対策ジュル→『J』『Y』で氷亀対策の属性武器を装備してSBrとMB体制へと入る。
緑亀だけはSBrで一撃が出来ない為に『F』で装備を外して『H』『J』錐を右手にして攻撃をする。
以前は太陽剣なども配置に入れていたのですが2PCをするに当たってこの配置へとなりました。
アサシンは特に持ち替え以上はスキルを使う職業でもないと思いますのでSCが満タンで足りない事は無いと思います。
もし誤爆が怖いEDPとかは人によりますが、SCから外して見るのもやり方だと思います。

知ってる人も多いと思いますが。
BM中でもSC1のものはファンクションキーを押して使用することが出来ます。
その仕様を利用して。SC1に回復剤を入れて緊急時に備えたりハエなど配置するのもありだと思います。
テレポも通常BMの配置で押すとなれで『Enter』を押す人もいるかと思いますが、改善として『Enter』×2押すとか、マウスクリックで『OK』ボタンを押すとかあります。

私は後者。
以前2PCで固定をしていた時はテレポ狩りでしたので『E』を押してテレポクリップを装備、『W』を押してテレポウインドを出してマウスで『OK』をクリックして飛ぶ、敵を殴る時カタールから持ち替えてターゲットし直前で『R』にてパワリングを装備する。
この一連動作はなれによるもので、誰でも簡単に出来るようになります。

それでは今日はこの辺にしましょう・・・。
それでは今日はこの辺で~ノシ
明日は上級編。
私自身中級以下だと思っておりますので説明出来るかわかりませんし説明だけに終わるかも知れません。
一日一日に置ける精進こそが大切に思います。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
> 会話とBMの両立を試みては誤爆を繰り返していると思います。
私もまったくその通りです。

会話しようとして SC 誤爆。
SC 押してるつもりがチャットウィンドウにアルファベットが並んでいたり…。
意外とその試行錯誤も楽しかったりしますけどね~。

んでわ、ノシシ
2006/04/14(金) 19:25:06 | URL | ヴォル #2rRK.3Eg[ 編集]
コメント返し~♪
>ヴォルさまへ
BM頑張っていらっしゃるご様子ですね。
誤爆を繰り返して自分のBMをお探しください。
私も人事ではないのですがorz

そこが楽しいところなのです!と広めよう!!(笑
2006/04/14(金) 23:54:42 | URL | 空目恭一 #/9ogQuWM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。