海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ジュビロス廃墟1F。(3)
みなさんにゃっはー。

増えるBlog。
20日の記事にてダンジョンの仕様を振り返ってみた。
次にPC側の仕様を分る範囲内に乗せてみたいと思う。

ジュピロス廃墟1F (by狩場情報ひっそり様)
07120-6.jpg
現状でのグリム使用時のMHPとMSP。
常時クロークの為にMHPは、ここでは置いておくとしてMSPを見た場合、INT24(支援込み)で796。
6の倍数に合う様に、調節して居たのだがクロークにて回復しない為に1kも満たないSPは直ぐに枯れてしまう。

07122-1.jpg
ペアでのグリム狩りの場合支援は貰わないのだろうか?
SPの具合やHITの関係上、支援を貰わないと厳しい為にブレス込みでの800~900前後のダメージがたたき出せる。

初日の記事に載せた、武器とSTRが叩き出せるダメージ。
二刀をメインに殴る事を主体にして来た事もあり、カタール修練がSBの前提しか取得できておらず、奇跡的にグリム5を取得して居た事を除くと、殆どがSTRのみでの攻撃力なのだろう。
ダメージに付いては、1k前後欲しい所でもあるが低いとも言えないと思うので、SP管理が今後の大きな課題となりそうだ・・。

07122-2.jpg
グリムを行っている状況でも、上記のSSの様にヴェナートからの『スタン攻撃』は止まない。

不覚にも、全種類のヴェナートが『スタン攻撃』可能とも在って例え一体ずつの使用頻度が低いとしても、数が数だけに『スタン』にかかる状況は高頻度になってしまう。

なかなか慣れずに、『スタン』時に数回のデスペナを与えてしまった。
嫁曰く、全てが『スタン』時におけるデスペナと話す。

予約リカバリーなどの手法にて、スタンを回避するもMOBの数から放たれる複数の『スタン攻撃』の前に、予約リカバを超え『スタン』させてくる。

あ、アレを使うしかないか?

07122-3.jpg
SS上、見た目は溜まったMOB対してグリムをするだけに思うが。
クロークでの移動、グリムのタイミング、SPの具合など大まかに3点上げられる。
今日の所は、深く突っ込まず次回に回す事にし。
SPの具合をマリッジにて対処すると載せておく。

実は、簡単には行かなかったりもするが・・。
相手の動きに対してどの位置からグリムすると言う点も需要な注意点の一つでは無いかと考える。

07122-4.jpg
既に、少ないとは言えないデスペナを与えてしまった為に、徐々にだが戦場は厳しくなってきている。
『寝る』事でより高みへいける事を願いつつ、グリムを繰り返す。

07122-5.jpg
上記のSSではSWを設置した様に見えるも、キャラクターはその上に立っていない為に、MOBからのダメージが消える事が無い。
SSは、私アサクロ側からの視点だが、実際は『ラグ』によりずれが生じ、あたかもその場に居る様に見えてしまうと言う最大の注意点が存在する。

今までのSSで、SWが二枚見えたりして居たのもズレによるSWの再設置の為。
MOBを抱えSWを設置⇒位置のズレが生じる⇒MOBからの『スタン』攻撃⇒予約リカバリーの不発⇒デスペナ。

一概に、バカリとも言い切れないが少なからずデスペナへの道筋は上記の様になっている。
他にも、倒すのが遅れたりグリムを躊躇し圧死と言う事も少なからず存在するのは私の意識の無さによる失態だろう。

安易に考えて望めるダンジョンでの狩りは行けないのだろう・・・。
今後も進化が問われるorz

それでは今日はこの辺で~ノシ
クロークミスでのデスペナとか。
実際、ある人は居るのだろうか・・・orz

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
ジュピロス廃墟1F。(2)
みなさんにゃっはー。

増えるBlog。
19日の日記を参考に18日考察を行い、今日の記事へと至る。
そんな、現状の流れを一度整理する。

ジュピロス廃墟1F (by狩場情報ひっそり様)
07120-3.jpg
上記のSSにて狩りを思い出しつつ初日の状況を整理する。
■高Lv『ラグ』。
PT等の他PCとのすれ違い時に起こる『長い時間差』。
■座標のずれ。
主に、MOBからの攻撃に因る『HitStop』と高Lv『ラグ』。
■『スタン』攻撃。
全てのヴェナートからの高頻度な『スタン』攻撃。
■他PTの『釣り』とソロ『たけのこ族』。
大量のMOBを引連れた他PTの『釣り』やソロで狩りをする『たけのこ族』との接触によりMOBが過剰に流れ危険を伴う。

以上がジュピロス廃墟1Fでの『仕様』だと思われる項目。
特に重点して気になる項目を乗せてみた。
あくまでも、ダンジョン側の『仕様』である事を追記で乗せておく。

07120-4.jpg
上記のSSの様にキャラクターの『VIT値』に影響はあれど、MOBの量と全ヴィナートが『スタン攻撃』可能と言う状況で、『高頻度でスタン』してしまう状況が生まれる。

今回は、対策方法は載せずに先ずはダンジョンの『仕様』を体感にて覚える。
一秒でも早いたけのこが要求される。

07120-1.jpg
殴りがメインだった為に、低INTな私のアサクロは、SP管理が非常に難しい。
マリッジにて、供給を貰いどうにか狩りを続ける。

07120-2.jpg
支援が切れた様子のSS。
ガス欠の様に明らかにグリム時のダメージが減少する。
グリム後のハイド解除後などを目安に支援を貰しつつ・・。

07120-5.jpg
SPバーが悲鳴を上げ、休憩を余儀なくされる。
嫁も高INTではあるもののSPは厳しい面が多々あるとか。
今後、SP管理と調整が必要なのだろう・・。
MOBからの容赦無い攻撃が、ヒールを要求し多様の結果がSPに響くのだろう・・。

JDは奥が深い・・・我々はまだ入り口に立ったに過ぎないのだろう・・。
それでは、今日はこの辺で~ノシ
闇に呑まれ今日も、メカと戯れる。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ジュピロス廃墟1F。
みなさんにゃっはー。

増えるBlog。
『ジュピロス』なのか、『ユピロス』なのか。
サイトに因っての違いは在れど、ここではジュピロスと明記し、前日の考察を元に狩場へ出陣した。

・・・と聞こえは良いが、実際には考察前に既に初回の狩りを終えていたりする。
ジュピロス廃墟1F (by狩場情報ひっそり様)
07118-1.jpg
『グリム狩り出来ない?』と言う嫁の一言で開始してしまったジュピロスグリム狩り。
この地を良く知らずに進入してしまった事に少し反省を意を強く思い。
弱者は、MOBの多さに圧死させられグリムも必死になるわけです。

07118-2.jpg
アサクロ:+9 ATBhVJ STR130 ASPD178 (支援+覚醒)。
での、グリム時のダメージ。
Hiプリ:イミュン、無形盾、アスム。
での、被ダメージ。

が上記のSS。
今後の課題へと色々探りながら狩りを続ける。

07118-3.jpg
橋の上の戦い。
ソロアサシンやニヨルドPTやらと居る中をすり抜け溜まったMOBへとグリムを繰り貸す。

07118-4.jpg
この狩場での一番の重要度はラグとの戦いだという事なのか。
初め、SSにHPが3個もと『ラグ』かと思ったが、単純にヴェナートによる『スタン攻撃』の詠唱バーらしい。

詠唱中断可能なのだろうか・・・。

07118-5.jpg
SSでも見受けられる様に、『スタン』攻撃の回数が非常に高い。

今後確実に対策が必要になってくるだろう・・・。

初回だけあって無理する事無く狩りは終了した。
それでは今日はこの辺で~ノシ
MOBの数も多いがPCの数の多さも問題だ・・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
JDのメモ帳
みなさんにゃっはー。

久々の新ダンジョン進出前の簡単なメモを載せたいと思います。
場所は、ジュピロスダンジョン1F。
巷では、グリム狩りが流行っていると聞く。
狩り前に、卓上計算をしてみる事にした。

参考サイト
ジュピロス廃墟1F (by狩場情報ひっそり様)
ROratorio

使用キャラクター
■装備
頭上:ミストレスの王冠 中:悪魔の耳 下:パン
鎧:エキストラメントル 肩:木琴マフラー 靴:HiLvシューズ
アクセサリー:パワーリング×2
武器:エンシェント トリプルビホルダー バリアスジュル

■所持スキル
グリムトュース5 カタール修練5 クローキング3 ソニックブロー10

■ステータス
STR:130 AGI:107 DEX:64 INT:24 VIT:24 LUK:9
ASPD:178
(ブレス+速度増加、他のUP無)

■無ヴェナート
MHP:8900 DEF:30+24
グリムダメ⇒平均与ダメ 913 最小与ダメ 880
グリム回数⇒平均回数  10 最大攻回数  11 (回)

■地ヴェナート
MHP:9500 DEF:30+68
グリムダメ⇒平均与ダメ 836 最小与ダメ 796
グリム回数⇒平均回数  12 最大攻回数  12 (回)

■水ヴェナート
MHP:12300 DEF:30+24
グリムダメ⇒平均与ダメ 913 最小与ダメ 880
グリム回数⇒平均回数  14 最大攻回数  14 (回)

■風ヴェナート
MHP:9000 DEF:30+32
グリムダメ⇒平均与ダメ 900 最小与ダメ 867
グリム回数⇒平均回数  11 最大攻回数  11 (回)

MOBのMHPからのグリムトゥースの回数を載せてみた。
なぜ、最小かと言うと、単純に一番低いダメージでのスキル使用回数が多い為に最大で『何回』のグリムを必要とするかを乗せた。

元々カタール使いでは無い為に、スキルの習得は前提の物ばかりではあるが、今後このメモを足がかりに狩りを進めて行きたいと思う。

それでは今日はこの辺で~ノシ
夢が広がる計算、実は狩りよりも楽しかったりする。
事は無いかorz

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
生体研究所2F。(5)
みなさんにゃっはー。

例え、更新がされて無い日が続いても。
閲覧しないと、増えるBlog。
それが海の家。
全く失礼な話です。

BOTの封鎖から無事にマリッジをし。
理由は語る事無かれ・・。
07117-4.jpg
ペア狩り中心になって来たこの頃、人は慣れにより欲を産む。
低INTからMSPが低い為にSBrの絶対数が少ない。

その為『数字』を目的とした場合、明らかな手玉数が少ない。
今まで二刀を目的に『主:殴り』にて狩りを進行して来たが。
此処最近の狩りにて『殴り<SBr』のスキル多様型へと進んでいる。

SP供給の為のマリッジとは聞こえが悪いかもしれないが?
密かに、マリッジ事態は決めて居たので、愛無き結婚と覚めた夫婦でも無い事だけを載せて置く。

生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
07117-1.jpg
07117-2.jpg
もうDOP退治のSSは飽きたか。
実によく会うリムーバの処理方法をヒール砲からSBr用に調達した武器を装備する事で撃破する事ができた。
MHPが低い事は、ヒール砲の回数にて分かるが不死属性と言う事もあり支援側に対処を任せて居た。

度々登場するこのMOB。
MAPでの絶対数もそれなりに多いのかも知れない。
良くDOPと同時に遭遇しては、邪魔をする事が少なくなかったので思い切ってSBrを。
嫁曰く、「生体2FでSPが切れる事は無い」そうな。
SP供給の新薬みたいな、怖そうだからこれ以上深追いは無し。

07117-5.jpg
どのダンジョンにも存在するMOBの溜まり場。
生体2Fの場合、MOBの溜まり場への進入は床により近くなる可能性を秘めているが、慎重に進む事で回避できる事が多い。

上記のSSは、アーチャDOPが偶然溜まって居た場所。
MOPの場所にして・・・。
07117-6.jpg
丁度真中心が生体3Fへの入り口となっている。
位置的にはテンキーの『5』の上になるのだろう。

生体3Fへ向かう人々が、MOBを置いて行く事が多い為に溜まりMHが出来上がる。
もしくは、2Fで狩りをしてる人が中心に近づかない為だろうか。

上記のSSの位置からの円周上には、道が入組んでいる事もあるのか、MOBが溜まり易いらしく、定期的に通うと結構良い効率でMOBを倒す事が出来る。

MOBの沸きにお困りの際は、計画的なご利用を・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
生体マリッジは成功した、次の狩場へ進む。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
マリッジ。
みなさんにゃっはー。

今まで低INTながらもどうにかSBrを打ってきた。
今までに無いほどペア狩りを楽しみ、リハビリを含めて狩りが安定したこの気を境に・・。

07116-1.jpg
と、大聖堂に足を運ぶも何か様子がおかしい・・・。

どうやらノービスが大聖堂のWPに詰まっているらしい・・。
BOTか!?

07116-2.jpg
既にGMには報告済みのご様子・・。
周りの人たちは、内部を溜まり場としている人たちらしい・・。

話では、2週間に一回ぐらいの頻度で大聖堂が詰まると聞く。
BOTは、一体何がしたいのか・・・。

07116-3.jpg
まったく迷惑な話で、やれる事はやった周りの人たちは話すが・・。

ポタを置きノビを飛ばすも、時間が立つと徒歩にて戻ってくる始末。
枝はさすがに、やめた方がと判断し。
バックステップにてWP上に居るノビに重なっている。
しかし、向こう側へは移動できずに空しい時間だけが取られたので後回しにし、GMが片付けてくれるのを待つ事にした。

一体どうなる事やら・・・『追記を表示』からどうぞ。
生体研究所2F。(4)
みなさんにゃっはー。

5日目となった生体研究所2Fでの狩りの模様を載せたいと思います。
今回は番外編と題しまして、1次職DOP以外のMOBの処理の模様を載せたいと思います。
考察では、1次DOPのみを倒す事を考えておりましたが、実践では案外他のMOBも出会う事が多く処理に困る事もある為に対策を練り、一区切り付いたので乗せる事にする。

生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
07115-1.jpg
07115-2.jpg
今まで、ジェミニの処理は、殴りにて攻撃しつつSPの回復をと狙ってはいたものの。
LAを入れてSBrをした方が処理が早い事からSPの残りを伺いつつ処理する事に。

錐+QHにて14900~15000前後の数字を出す事が可能ではあるもののMHPが高い事からどうしても4回SBrを行わないと駄目なのが痛い所。
その分、倒す速度は格段に上がった為に効率を出す事へと繋がる糸口へとなったのは良い発見だと思う。

07115-3.jpg
このリムーバ、地味に不死属性でも在る為にヒール砲を使う事が可能。
その間に、お座りする事にてSPの回復を促す作戦。
MHPも高く無い事もあってヒール砲も多く連打する事も無いので無難に処理が出来る。

07115-4.jpg
07115-5.jpg
生体研究所2Fで一番厄介なMOBがこの唯一転生DOMであるアサクロ事ガイル。

高フリーにより高HITを要する為に武器はQAしか所持できず、購入したDH海東剣を使用してのSBrを決行。
以前から、このアサクロDOPには痛い目を見せられており接近にて多くのデスペナを築いて着た事もあって『接近戦』は考えられずに、サンクを引いて貰い、LAを載せてもらった所に確実なSBrで撃破をする作戦へをでた。

07115-6.jpg
平均で10kを叩き出す事が可能。
常時LAも抱えてもらいながらは厳しいので、SBrの連打に合わせてもらう形を取って極力早く処理をするように心がける。
DLを忘れずまずSBなどのスキルを封印し、立ち位置を確認してからの安全処理を目指しつつ・・・。

たまに起きる不意な事故に悩む事も多々・・。
応用は常に問われる・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
そろそろほかの狩場への進出をもくろむ。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
1/14GvG~。
みなさんにゃっはー。

時間切れとも思われるGvGレポートを載せたいと思います。
もう、時間がかなり過ぎてのUPとなってしまったので簡易的に行いたく思います。

○鯖でのギルド移動。
今回からのGvGは以前お世話になっておりましたギルドを出まして、改めて、『むねキュン』さんへと今週からお世話になる事となりました。
今後のGvGレポは、DoD同盟さんの状況を載せる事となりますのでご了承ください。

それでは『追記を表示』からどうぞ。
生体研究所2F。(3)
みなさんにゃっはー。

4日目に突入した生体研究所2Fの模様を乗せたいと思います。
前回の教訓を生かし、今回へつなげる事の出来る狩りをする。
それが、前進する為の初歩だと信じて・・。

生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
07113-1.jpg
今まで、『SBr専用武器を持ってない』事実に気がついて居ながらもINTの関係上、SBrを乱用できずに断念していたのですが。
ペア狩りにて今後SBrの用途が増えてきた事もあり。
この期に及んででは在るものの、GXクルセでも使用される武器を購入する事に。

DH海東剣+QAマインにてアサクロDOPにSBrを打ち込む事にてより早く倒そうとする作戦を・・。
思い立ったが案外遭遇しないもの事実orz

07113-2.jpg
07113-3.jpg
マジシャンDOP撃破時のSS。
武器は、属性海東剣とQHにてSBrを打ち込む。
マジシャンDOPは、自分のHPの減少により魔法を乱用してくるAIらしいので、減っている所に遭遇しない限りは魔法を使われたりはしない。
持ち替えをミスって、SBr後不意にHPが残ってしまうとSS等の魔法連打により痛手を受ける。
出会い頭に、ディーナにて相手を沈黙させ相手スキルを封じ安心して持ち替えからのSBrを打ち込む。

07113-4.jpg
07113-5.jpg
またしてもマジシャンDOPの撃破SSだが。
LA無しで1確殺出来るダメージを出す事が可能なのでLD使用後に合わせてSBrを入れる。
場合に寄っては、出会い頭の武器がマジシャンDOP用ならDLを待たずに処理する事もある。
出来る限りHPの減った状態での放置を避ける為に、デスペナを食らうだけのスキル連打を食らう事が無くとも倒す事にしている。

きっと、心がけは大事に思う。
持ち替えだけに在らず、囲まれた時のMOBの撃破最善順位もつける必要があるのかもしれない。
危険なのから倒すのが鉄則ではあるが・・。

07113-6.jpg
07113-7.jpg
SSのログから攻撃目標は剣士DOPだと分かる。
LAを必要とする為に、囲まれてた時もLAに合わせて出来る限りSBrを打ち込む。
倒す優先順位としても、剣士DOPは属性攻撃とクリティカル。
複数接近時にMBを使用してくる事から出来るだけ早く倒したいMOBの一匹でもある。

今後、慣れに加えてデスペナも減りつつあるが不意な安心から出るボロがデスペナに繋がらない用に注意する事が必要である。
と、自分に言い聞かせる。

それでは今日はこの辺で~ノシ
アサクロDOP戦は近日公開予定?

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

生体研究所2F。(2)
みなさんにゃっはー。

3日連続で今回も生体D2Fでの狩りの模様を載せたいと思います。
今までは、リハビリと称して多少ごり押しな部分も少なくありませんでしたが、少しずつ他の面にも気を配る事が出きる様になり。
同時に、以前の狩り方法を思い出して来た感じ・・。

デスペナを味わいながらもその感覚を取り戻す・・。
07112-1.jpg
今までの頭装備は『熱血のはちまき』を着用して居たが、後衛からの遠距離攻撃を主とするので鎧をエキストラへ。
同時に、STR調整をし頭を『ミストレスの王冠』にしINTにてSPの回復を促す事にする。

07112-2.jpg
07112-3.jpg
オーバーキルとなるダメージでは在るが、LA無しでも1確殺出来る事が可能な商人DOPにLAをして貰ったSS。
不本意では在るが、気が付いたらたまたま隅っこだったり。
商人はメマーをしてくるもののLAを必要としない事も在って比較的楽に倒す事が出来る。

07112-4.jpg
07112-5.jpg
上記のSSは武器から察するにシーフDOPの撃破場面。
商人と違い、LAを必要とする為に毎回嫁に苦労を掛けながらもLAにあわせてSBrを放つ。
SBr型ならと、悔やまれるもLAの大切さを噛締める。

07112-6.jpg
07112-7.jpg
マジシャンDOPのSBr前SS。
HITが足りるマジシャンDOPは念属性から属性武器とQHで合わせてSBrを放つ。

地味にQAだと1確出来ない場合もある為にQHへの持ち替えを要求される。
+5から+7へと武器を新しくしたい所でもある・・。

出くわしたと同時に嫁がディビーナにて沈黙にしてくれる。
そこにSBrをするが、持ち替えに時間がかかる事もあるのでディビーナはかなり助かっている。
まだまだ、持ち替えの間違えを指摘される私。
指が指がと、正確さを手に入れる為今日も生体Dへと赴く。

07112-8.jpg
ふと、レアの話が無い私の狩りではありますが。
それでも、たまにプチレアなる存在のDROPを入手する。
アコライトDOPがDROPするプレゼントBOXを入手、数少ないDROPからのささやかなプレゼントだったのだろう。

早く運剣出さないか?
それでは今日はこのへんで~ノシ
たけのこ族からのお誘いがあるらしい噂がっ

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
生体研究所2F。
みなさんにゃっはー。

昨日に続き今回も生体Dの狩りの模様を載せたいと思います。
一瞬の隙がデスペナと繋がる高レベル狩場だけに、多くの楽しさも存在している。
楽しみは、個人の価値観に寄りけりなのであえて載せたりはしないが。
BMでの武器の持ち替えも私に取っては楽しみの一つではある。
ラグが天敵なのですorz

生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
07111-1.jpg
07111-2.jpg
昨日のSSには無かったMOB。
この使用武器から察するに、シーフDOPだと分かる。
毒属性だけに弱点の属性攻撃は無い為ごり押しで土属性を装備し足りないHITをQAにて補って居る。
持ち替え武器も、アーチャーDOPと同じ為に『移動中』はこの装備で居る事が多い。
海東剣のINT+3の修正もかなりステータスには大きく影響している。

07111-3.jpg
07111-4.jpg
相変わらずジェミニの倒し方に試行錯誤。
殴り続けSPの回復を促す方法にて、撃破しようと試みる。
元々DOP中心の狩りだった事もありジェミニの特化考察は行っていない。
SBrの武器だけでも選定しようかと思う。
やはり・・・今後の課題に・・。

07111-5.jpg
07111-6.jpg
ちょうどアコライドDOPにSBrを打ち込む瞬間のSS。
ここ最近タイミングを間違えているが、めげずに自称SS師として撮り続ける。
1回の狩りに10数枚はデフォルトとだけ乗せておく。

アコライトDOPは聖属性でもある為に、闇カタールで倒す事が可能で持ち替えの間にアコライトにSBrを撃ち込む感じで倒せる為に一番楽なMOBとも言える。
あまり長く放置すると、『速度減少』を使用する事もあるので多少の注意は必要かもしれない。

07111-7.jpg
07111-8.jpg
今までは一品ずつの料理だったが、囲まれる事も少なくない。
一番重要なのがMOBの見極めでの持ち替えなのだが、何せDOPだけに薄いのが難点。
目視での確認を確実に行う事が必要で、MOBの攻撃モーションやその効果音で見極める方法もある。

後は、MOBの名前を早く覚えターゲットしたMOBの名前から武器を持ち替えSBrする事もできる。
慣れはは危険を伴うと同時に人を上位に押し上げてくれる。
後は、持ち替えの正確さを確実に行うだけだ・・。

ラグのせいにして今日はこの辺にする。
それでは今日はこの辺で~ノシ
MVPに気が付かずデスペナを食らうが、忘れた事にする。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
思考の先に・・。
みなさんにゃっはー。

軽快良くアサクロの記事が続くこのごろ三日坊主に終わらない内に次のネタを投下したく思います。

本日選んだ狩場は、生体D2F。
生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
今までデスペナの事情にて、敬遠して来たダンジョンでもある場所。
そこへと、休止の感を取り戻すべく降り立つ決意を新たにする。
以前に数度に渡って生体Dは記事にしてきましたが、最終考察を後にその狩りの姿を晒す事は有りませんでした。
今回、その考察を念頭に武器の所持を思い出しつつ数字の不確かを確める事も同時に行った。
生体D2F最終考察。 参考記事:2006/4/28

07110-1.jpg
07110-2.jpg
本当に久々の生体Dだけに緊張感の中、下水を潜り内部で進入する。
以前の記事同様に、SBr毎装備武器を持ち替えるので、ログに持ち替え武器が載る為に撃破時のMOBが断定できるシステムになっている。

上記のSSでの撃破MOBは、マジシャンDOP。
念属性のMOBに合わせて、属性武器とQHのSBrで倒す。
計算上LA無しでも撃破可能範囲である。

07110-3.jpg
07110-4.jpg
忘れる事の出来ない二刀流の持ち替え、カタールからの左手→右手のSC操作。
二刀アサシンを続けてきた年月が体が覚えている事で語っていた。
ラグで多少持ち替えの不憫さが存在するも、そこは気をつける事で対処しざる終えない。

上記のSSは、剣士DOPを対処する時の武器。
火属性の剣士DOPを水属性武器で弱点を突き高HPをQHで補う。
しかし、剣士DOP悲しくもLA無しでは1確する事が出来ずにLAを貰いSBrをあわせる形で撃破する。

07110-5.jpg
一番対処に困る相手が上記のSSのMOBジェミニ。
HPは高く、それで居てDEFが高い。
持ち合わせの武器では、錐+QHを選び叩く事にする。
通常攻撃にてその場から動かないとSPを回復する事が出来るし、それはそれでいいかな?と納得しつつも今後の課題にしようと決める。

07110-6.jpg
07110-7.jpg
リヒ実装と同時に実装されたLv1属性武器の火属性武器に持ち替えSBrするMOBは、地属性の商人DOP。
高DEFから錐での攻撃が有効となり、属性武器を右手に装備してのSBrを繰出す。
商人DOPは土属性3でもある為なのか、LA無しでも1確する事が可能。
以前は錐装備をしないで倒してた所を改め修正した、改良版を試す事がやっと出来た感じだ。

07110-8.jpg
07110-9.jpg
一番対処が簡単なMOBが、アコライトDOP。
以前は、無属性武器を二刀して攻撃していたが、闇カタールにて対処する方法へと変えた。
計算どおりの感触に、過剰でない武器でも使えて経済面でもお財布に優しい形となった。

07110-10.jpg
07110-11.jpg
隠すつもりは無いのだが、地味にSSの連打場面がばれて恥ずかしく思う。
上記の武器は、風属性のアーチャDOP用とSSは無いのだが同時にシーフDOP用武器としても使用している。
HITの関係から、確実に葬り去る為にQAを装備。
アーチャーDOPはLA無しでも1確可能、シーフDOPは毒属性の事もあるのだろうかLA無しでは1確は難しい。

今回の狩りで、一通りのDOPに対する武器に間違いは無かった事が分かった。
しかしながら、SCを操る私の手は今だに不慣れな操作をしてぎこち無い。
嫁曰く、生体Dは楽しいと言ってくれる間にSC操作を完全なものにし他の狩場でも役に立てて行きたく思う。

最後に・・・。
アサクロDOP+1次DOPの波に飲まれデスペナを獲得した事だけを載せておく。
死してその先の強さを手に入れたい。

出来るならば・・・。
それでは今日はこの辺で~ノシ
引き続き生体D潜入報告は続く・・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

火山D。
みなさんにゃっはー。

昨日から紹介していた火山D事ノーグロード1層での狩りの模様を引き続きお送り致します。
wizとのペアで良く知られる火山D。
アサクロでも、錐の実装から高DEF相手が可能になり火山Dでの狩りが見直され、更にカホの配置などに合わせて他の前衛でのソロ狩りも可能となり賑わう狩場となった。
ノーグロード1層 (by狩場情報ひっそり様)

今回そんな狩場に、火鎧を手に入れた私は足を向けた。
噂では結構な効率をたたき出す事が可能と言う。
その真相はいかに・・。
0719-1.jpg
殴りにLAを合わせてくれるそこのSBrを上手く叩き込む練習をする。
まだまだ、感を取り戻すには時間がかかるだろうが一つ一つの動作が大切だと思い。

0719-2.jpg
MOBの数が多いのもこのダンジョンの持ち味なのだろうか。
良くMOBに囲まれる状況に出くわす。
その為、アサクロにて唯一の範囲攻撃である「メテオアサルト」を屈指MOBをなぎ倒す。

スタン効果など、状態異常がかかるこのMA(メテオアサルト)。
水属性武器を装備している事もありダメージは3kを超える大ダメージとなった。

0719-3.jpg
それでも、単体で出くわす事もしばし。
何せ、この狩場BOTが数多く存在する。
私の感だと目的はカホ狙いなのだろう、ほかのMOBに見向きもせず飛んで行く為に良く擦り付けられる事がある。

気にしないと言えば嘘だが、キャラ選択でのパスの打込みは意味があるか不明になる・・。
結果的に減ったのは一時で対策された可能性は考量されないのだろうか。
と、ここで思考しても意は無いと・・。

0719-4.jpg
実は詳しく知らないが、ゴーレムの取巻きは経験値があるのだろうか?
囲まれた勢いでMAを撃ちSBrから殴りなどでゴーレムを対処する。
攻撃は痛いが、早く対処すれば何の問題も無い。

0719-5.jpg
良く囲まれる。
その度MAを打込みMOBをなぎ倒し残りを殴ると言う先方を使う。
過剰にMAを使うと低INTであるアサクロには痛くSPに響き警戒しないと直ぐに枯れる。
スクワットも思い出しつつ、座ってはMA、座ってはSBrを繰出し単体を殴って処理をする。

0719-6.jpg
推測に過ぎないが、wizペアを数回すれ違った。
wizにて倒したMOBが復活しHMとなるのではないだろうか?
それにしても良くMHに出会うと思いつつこれが火山Dなのだと、昔プリ時代に愛用したダンジョンを思い出す。

しかし、事件は約束されていた。
嫁が絶えるMHに向かって私は疑いもせずMAをすべく接近するMOBの群れ。
しかし、その群れは今までの想像をはるかに超えた数のMOBが居た。
要するに、MOBを倒しきれずにアサクロにタゲが移りAGIのなすすべも無くデスペナを獲得した。
ハエなどの緊急回避を忘れて居た訳ではないのだが・・・。
相当、私の反応速度も遅くなっておりデスペナを受けてはならないLvにも関わらず死に躊躇は無かった・・・。

敗因は、私の意識Lvの低さとだけ載せておく。
深追いはしない、今はただただ昔の動きを思い出すのが先だっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
火山は、私に肌には合わないわっ!
って、誰かの顔に書いてあった気がした。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
記念すべきっ!
みなさんにゃっはー。

Favor's Ragnarok様より。
0718-1.jpg
今年も変わらぬ紹介を頂誠に感謝しております。
閲覧者が桁違いに変わり、毎回驚きを辿るとそこにはジョニーさんが降ります。
この場を借りてこれからも宜しくお願いしますっ!

ついにこのBlogも。
0718-2.jpg
80kHIT達成いたしましたっ!
更新されなくとも、閲覧なさってくださる皆様有っての達成であります。
これからも、皆様のご暇のお預かり致したく思います故宜しくお願いいたします。

さてROへ。
0718-3.jpg
せめて+6を~と、♀垢のBSを首都の神と対面させてみる。
しかし、道は険しく+5以上はお許しくださらずに・・。
悔しくも、金銭面の厳しさから断念し。

結果。
0718-4.jpg
+5火鎧の完成へと・・。
火シルクは所持して居たのですが、シーフ系は装備できないと言う理不尽が理解できないまま重量を考量しメントルへとなりました。
DEFが一段と下がりAGIが無いと死せるアサクロとなりましたが・・・。

狩りの記事は『追記を表示』から。
少し長くなるので、分けることにっ!
ショートカット。
みなさんにゃっはー。

今週のGvGは、所属ギルドがお祭りの参加だった為に私は不参加としました。
Gvレポを楽しみに閲覧してくださってる方には申し訳ありませんが・・。
来週からは新展開にてお送り致しますのでご期待の程を・・。

○更新履歴。
右側に表示してあるプロフィール写真を新しい物にしました。
メインがプリーストなのかアサクロなのかと。
一番の高レベルキャラがメインとなるならばアサクロだろうと言う事に。

リンクの際に、迷う事も無きにしもと言う事・・・。
リンカーも出番ありますよっ!

タイトルに目を戻しまして。
0717-1.jpg
上記のSSは、BM風に表示しましたが・・。
BMでの操作では有りません。
見ると明らかですが、ショートカットの載せただけに過ぎません。

個人的メモでもあるこのショートカット。
MEプリを操作される人はどんなSC(ショートカット)を使用しているかと思い載せてみることに。

なぜBMでは無いか。
個人的理由が大きいのですが、端的に「ダブルテレポ」が下手なのでBMでの操作ですと誤爆する。
得に、BMで操作するまでも使うスキルが無いと言うのも有りますが。
BM操作にてMEをなさっている方が居ましたらご連絡を(何

SCの操作。
通常SC3に固定して操作し、サンク→MEとMOBを倒しつつ緊急時にSC1へと動かし回復などを行う。
SC2は、SWが7になった時用にサブとして設置。
SW→MEの連携を出来るかと試行錯誤しつつSCを設置しました。

今後も、変化しつつ勤めて行きたく・・。
それでは今日はこの辺で~ノシ
精進今年も止まることを知らず。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
お餅の精錬。
みなさんにゃっはー。

12月と年末年明けと更新が止まってしまいましたが。
今年も、がんばりますっ!

毎年、私は「お餅」とはご縁が無かったのですが。
色々話を聞くと、なかなかの効率を出すお餅。

今年こそは購入するべくアマツへと降り立つ。
0716-1.jpg
好奇心が刺激され、なぜお餅を販売している居るか聞いて見る事に。
気になるーなんでだってばーっ!

0716-2.jpg
ナ、ナンダッテー・・・。
重宝する事から、露店での価格値上がりは私も知ると事。
そんなのがNPCにばれていたなんて・・・。

0716-3.jpg
なるほど・・・。
去年売っていた人とは違うわけですね・・・。
稼ぎにならない店って・・・?

0716-4.jpg
首都の神である、ホルグレンに頼んだのか・・・。
って、餅つく人間違ってないのか!?

0716-5.jpg
ま、まってくれっ?
餅を精錬したらっ!!!!111
+1餅!?

0716-6.jpg
妹想いの兄かと思いきや、神に騙されるなんて・・・。
恐るべし首都の神・・・。

0716-7.jpg
モチ米50zでなんで精錬費込みで700zになるんだっ!?
いくら何でもやりすぎだと・・。
お餅販売価格1kz・・・。

高い高すぎる・・・。
だからなのか、お餅を大量購入する話を耳にしないのは・・・。
これでは、確かに連打して使うわけにも行かず・・・。
レモンのがまだ効率がよさそうだ・・・。

なんかやりきれないorz
それでは今日はこの辺で~ノシ
無いと思えば良いだけの話っ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
謹賀新年。
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

改めて、みなさんにゃっはー。
12月の休止から、年末から年明けまで留守にしておりました。
Blogが全く更新されない状態となっており失礼致しました。

○今後の展開
怪我した指は感知に向かっておりますが、見た目問題なくとも今だ上手く指を使用してタイピングが出来ないのが現状ですが・・。

ROは復帰しようと思います。
今後も、出来る限り日記を更新して行きますので宜しくお願いしたく思いますっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
生きていると言う証をここに残す・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。