海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ME日記第二章【激闘編】(6)
みなさんこんにちは。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
ゾンビと悪魔の楽園へ・・・・。

061130-1.jpg
闇鎧に装備を変えてからと言うもの。
意外にも、デスペナが減ったと言う事実に気が付く。

多分まだ、思い過ごしだろうと思うが。
偶然なのか、高頻度でバックサンクが決まりMEにてMOBを一掃出きる回数が増えた。

061130-2.jpg
MHと出くわし冷静にサンクを置く。
先ず、MOBを一定方向へそろえる必要がある為にMHを見つけ次第ある程度内部へ入りその後、引き返してのサンクを置く。
本当なら、出会い頭から背後にサンクを置くのがベストだが、MHを見ると内部が気になりその後サンクの置く場を考え少し戻る形となってしまう。

文面では、何がなんだか・・・orz
MEプリは、テレポ→MOB→ME→撃破→テレポ。
の、順序で、生MEと言われる方法にて狩りをするのが一番多く見る型でもあるが。

生MEは絶えてこそのMEの為に転生もしくは、キリエ型と言われる形で無いとME発動前にデスペナを受ける。
徒歩にてMOBを発見、集めてサンクからのMEがサンク型と言える狩り型かもしれない。
テレポの出現から、サンクを置く高度なテクニックは当分先になりそうだ・・・。

061130-3.jpg
サンクの置き場所確保の為に、通常に人より多く移動している私。
その為なのか、良くマリオネットの置く罠にかかる。
ただ凍りになるだけなのだが、毎回凍りになる事も無く冗談で踏んで居たが・・・。
SS上の様に、凍る事もある。

ネタの一つって事でっ。

061130-4.jpg
GD3Fは、場所に因っては狭い所もある。
狭い場所なら、MAPに対して横に使用しサンクの場を稼げば良いのだが、偶然なのか、SS上の様なMAPに対して縦置きとなった。
この場合、PTなどのすれ違いに迷惑を掛けてしまうと言う事があるが。
とっさの判断で、周囲に誰もキャラクターが居ないので在れば問題は無いかな?と思っている。
サンク事態も発動は中途半端に途切れてしまうが、それでも回復し役目を果たすので狭い道でもサンクさえ置ける場があれば2セルでも問題ないのかな?
とか・・・。

思ったり・・。
2セルは、流石にありえないかっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
今日出きる事は明日しよう、明日出きることは明後日しよう。
どこまでもチキンなのが悲しい・・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
ME日記第二章【試行錯誤編】(2)
みなさんこんにちは。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
思考錯誤のその行き先は・・・。

061129-1.jpg
今ままで、SSの装備から頭が『かわいいりぼん』だった事もありアコセットのまま戦って居た事になるが。

デビルチの闇JTの位置ずれが、これ以上耐える事が出来ずにこの際、GDと言う狩場はアコセットの使用範囲外だと、言うことにし。
改めて装備を考え直す事にした。

061129-2.jpg
上記のSSでの装備が、GDで狩りをするのに得策だと選んだ装備。
♂プリからできる限り装備を引っぺがし、闇鎧と悪魔盾。
杖をINTの骸骨にして、クリップはHL使用を考えてそのままとした。
詠唱を考えて矢リンゴより、使うことの無かったマジックアイズを使用してみる事に・・。

早速狩りへ・・・。
061129-3.jpg
闇鎧のお陰も在り、呪いと闇攻撃が無効化となり狩りは格段にやりやすくなった。

早い段階でも、装備変更をと思いつつも今となって時間を感じる属性鎧。
早い話、アコセット実装前の対悪魔装備でもある。
この際DEFの話は、置いてバックサンクに勤しむ。

061129-4.jpg
今まで、MHを探しては歩き無理なバックサンクを行っていたが。
少数から少しずつサンクからのMEを放つ事にした。

今まで、決まった向きでしかサンクを置くことが出来なかったのを、修正しようと視点を変えて見たりと試行錯誤をしつつ放つ。
なかなか難しいと今更ながら思うバックサンク。

やはり・・・数をこなして体で覚えろと言うことかっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
第三の目、マジックアイズ搭載型ME。
MH発見に、勤しむ・・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【デスペナ祭】
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
悪魔と天使の戯れ。

061128-1.jpg
場所は、MOBが良く溜まる場所でもある小道。
ここは、掃除される事無く放置される事がある為に、たまに除いて見るが。

格好を付けたか小道にてバックサンクを置くもMOBが消し去り、ごり押しのME発動状態。
何をしたいんだか・・・。

061128-2.jpg
MHへ遭遇、そこでやれると思い魂心のバックサンクをする。
しかし、お約束通りなのかサンクの詠唱間に合わずに倒れる。
発動⇒倒れる⇒orz

詠唱後の半壊が否めないorz

061128-3.jpg
今まで紹介していなかったのが嘘の様であるが。
上記のSSを撮る事に成功した。
地味に、嫌らしいのがマリオネットのFW。

マリオネットは遠距離攻撃としてFWを使用して来るが、キャラの立ち居地へのFWの為にセルがずれる。
よって、SSの様にサンク中にFWをされギリギリの位置に立つバックサンクから離れ回復出来なくなり、倒れる事になる。
解説は良いが、サンク置いてFWされるとなかなか厳しい展開へと変わる。

火鎧で、ぶっちぎるか?

061128-4.jpg
近すぎず、遠すぎずの距離を保ち、MOBを一定の向きにしてからバックサンクをする。
上記のように成功すれば良いが、横湧きしたマリオネットの熱い熱いFWが飛んで来る事も少なく無い。
今後、対応を考えつつバックサンクに勤しみたい。

テレポで解決しなくも・・・いや違う。

061128-5.jpg
これは、事故と言えば良い言い訳だが。
絶えない自分に萎える・・・。

やはり、貯めすぎだろうか?

それでは今日はこの辺で~ノシ
溜め込み注意、GD3Fで狩りの方ご迷惑おかけしてますorz

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【試行錯誤編】
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
最近、逆に追い返されてる事否定できない・・。

061126-1.jpg
偶然か、すれ違った臨時の大PT内に居たリンカーさんよりプリの魂を頂く。
支援に支援とは、なかなかのセンスの持ち主に違いない。

061126-2.jpg
以前にも、自キャラでの魂ダメージを載せたが。
5倍の威力はやはり絶大、消費も5倍のデメリットも兼ね備えて居るが、リンカーの居るPT狩りでの使用なら実用性あるような気が今でもしているが。
リンカーで魂を使う状況はいつだって、支援側のSP不足に頭を悩ませている。

061126-3.jpg
下手は下手なりに。
独自の遣り方を見つけ対策へと勤しむ。
なぜ上記のSSのようなサンクの配置になったか。

原因は、GD3Fで狩りをするとおのずと見えてくる。
言ってしまえば、デビルチの『闇JT』によるノックバック。
今まで良いSSが見つからなかったと言えば良い言い訳ではあるが、デビルチの闇JTは結構高頻度で使用してくる。

その為、以外にノックパックでマス目を移動させられ『サンクから抜けてしまう』事が多々ある。
分かっているが、そこをJT前にサンクからのMEと言う流れで対処してきた。

061126-4.jpg
気を取り直して、特にバックサンクの向きを気にしては居ないが・・。
遣りやすい方向へクリックをすると上記のSSの形が一番自然な状態と言える。

私に限ってだが・・。
キャラクターを中心に↓→の二通りの遣りやすい方向があるらしい。
我ながら、応用の利き難いヤツだ・・。

061126-5.jpg
分析は良いが。
サンクを場所もまだまだ不慣れ。
どうしても、広間に出てしまいたがるらしく、MOBがある程度集まってその場でバックサンクと言う都合の良い事が出来ないらしい。

移動→MOB→サンク場所見つける→MH→逃げる→MOB固まる。
明らかに、嫌がらせ行為に近い・・・。
我ながら恥ずかしい行動をしてると、ここは反省する。

視点切り替えを上手く使えばMOBを上サンクを下と設置できるに違いない。
早く、どの角度でもバックサンク出きる様に慣れなくては・・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
まだまだ、ぬるいぬるすぎるっ!


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
今週のGvGは。
みなさんにゃっはー。

まだ「にゃっはー。」続けようかな・・。
さて本題。
今週のGvGは、りあるの事情に付き不参加。
自宅の訪問者と外出しておりました。

たまには美味しい飯も食べる。

リンクの追加。
レディエンスブレイド!!
Verdandi鯖にてご活躍のAGILKカズサ様のblog、前衛への追求が熱い。

終われない旅は続く。

今日はこの辺で~ノシ
飯食って風呂入って寝る。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
二刀×ニブル×ME
みなさんにゃっはー。

ニブル狩り後半。
奥さんでは在るが、一緒での狩りの回数は指折りでしかなく。
なかなか、合わない中どうにか合って来た狩りも後半。

061125-1.jpg
マーダへの二刀ダメージ、大型グラ+錐と支援に塩を貰っての3kダメ。

低INTの関係上、SBrでのマダー一撃は出来ずに、二刀にてSBr後の低いMOBのHPを削る。
STR-SBrとは名ばかり。

061125-2.jpg
ニブルと言えばMEのホームベースともいえる場所。
前回も乗せた様に、マダーはMEの範囲外で在る為に私の担当。
上記のSSは、上のMHにマズME支援が入り後ろからマダーのタゲをアサクロに引付け、MEの詠唱を促す。
ロリルリも実際は、一枚のMEでは倒す事が出来ないが残りは私が美味しく頂く。

061125-3.jpg
アサクロだって範囲攻撃は存在する。
MEばかりに頼れるかとMA屈指、ここぞとアピールする。
錐の効果でマダーのみ高ダメージが出るが、塩ありでもあまり期待の出来ないMA10。
スタンの追加効果のみが救いである。

061125-4.jpg
狩りも後半に差し掛かり、二人もなれてきた頃。
複数MOBがいる場合に多くMEを使ってくれる事が在った。
ME自体青石を消費するスキルでは在るが、MEプリに取ってそれは、当たり前なのだろう。

私もその辺の感覚は、崩れてしまっているだろうか・・。

061125-5.jpg
上手くSS取得する事が出来た。
スタン効果のMAを使用しMEを放つまでの時間MOBの動きを封じる。
連打にて、MOBをそのままねじ伏せてしまう事もあるが。
先に倒す勢いで、MEの加勢をする。
嫌がらせとの紙一重・・。

その後、時間も深まり約2時間ちょっとにてニブルを後にした。
まだまだ、二人三脚は不得意だが今後も出きる挑戦をしたいと思う。

061125-6.jpg
おまけSS。
なかなか黒猫人形は出さず。
籠ばかりとニブル谷に叫びがこだました・・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
生体2Fの考察を復活させようかと思う。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ニブル×二刀+ME。
みなさんにゃっはー。

二刀+MEの日記inニブルヘイム。
昨日の続き。
SSは一回に乗せる事が許されず。

061124-1.jpg
MEの師匠って何で乗せるの。
なぜか師匠って文字にご立腹、未来の奥さんと明かす事になるとは・・。
は、恥ずかしいわけでは?

上記のSSは、SBrのダメージ前の一枚。殴って倒してLAを合図にSBrを打ち込む。
SBr自体ディレイが長い、それを補う為に殴る。
あくまでも、メインは殴りでついでのSBr。

だと思う・・・。
主力になっているように見えるが?

061124-2.jpg
SBr時のSSを確保。
一回の狩りで数回以上は取ってしまうSBr時のダメージSS。
二刀アサシンをやっていると、どうしても高ダメージを出した時の喜びは人一倍。

061124-3.jpg
SSが真っ白でさっぱりとなってしまったが。
MHにて、MEを使用してくれた。
MEの狩場である秘境の村とは違い、ギョル渓谷ではMEが聞かないMOBも存在するそれがブラディマーダー。

ニブルで唯一奴のみがMEの攻撃範囲外である。
その為、私が抱え倒しMEを促す。
ロリルリもMDEFが高くwizに嫌われているMOB一匹。
MEも二枚引かないとなら無いと言う。
そこは、私が殴る事で一枚で全てが片付く。

以外に、MEの狩りも出来るっ!

前衛の私より威力があるなんて・・・orz

061124-5.jpg
LAを入れるよりMEが早い場合などの判断で使用しMOBを一掃してくれる。
ME前にMOBを倒そうと必死に殴るも、MEには適わず・・。

061124-4.jpg
そんな中。
一品料理ならお手の物と言わんばかりに一体ずつ確実に倒す。

MHでは、MAを使うよりMEを使う方がニブルでは効果的なご様子。
MHのお掃除は、任せた方が無難そうだ・・。
見事に、見せ場を持っていかれた気もしなくも無いが・・・。

もう少しSSは残る明日へと続く。
それでは今日はこの辺で~ノシ
より見やすいSSの取得の為にっ!
SS師と成るべく今日も撮る。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
二刀×ニブル。
みなさんにゃっはー。

ハンター出したから、アサクロ出しなさい。
MEの師匠はなぜか強気。
リンカーのLvを上げて貰いましたし、ここは本職のアサクロでかっこいい所を見せる出番では無いかと。

神隠しのアサクロを山から下ろした訳です
狩場は、ニブル。
MEも使える狩場として、町に近いニブルMAPを選んだ。
061123-1.jpg
バンジーをすれば、死ぬわけですよ。
お約束ですからね。

061123-2.jpg
HPが「0」なのに生きてるよっ!
狩りをする前に、ニブルの住人になった訳ですかっ!?
カプラに移動しようと思ったら、MOBが居て地味に白P食べましたけど・・・orz

さて本題。
061123-3.jpg
町から隣のMAPへと移動し狩り再開をする。
まず、MEに師匠に簡単に動きの説明をする。
「モンクの亀Dと同じ動きで。」
説明は、毎回コピペなんでは無いかと言うぐらい簡単。
タゲを取ってもらいそこに・・。

061123-4.jpg
LAを使用しSBrにてMOBを倒す。
実際は、一撃とまでは行かないが、SBr+通常攻撃にてMOBを片付ける事が出来る。
師匠曰く、「常時塩の狩りは、凄く久々」との事。
聖水に賞味期限ありませんよっ!

061123-5.jpg
武器は塩を考量し持ち替え無しの『大型グラ+錐』を使用。
騎士団では、どうしてもジョーカーの為に持ち替えなくては行けない武器も此処ではHITを気にする事も無く武器を選ぶ事が出来る。

上記のSSのロリルリは大型の為にダメージがある程度通るが、デュラハンが中型である為にどうしてもダメージが出ないが、そこはごり押し。

061123-6.jpg
小型のMOBも塩+LA在っての1確殺となる。
大型から特化マインにすればさらにダメージは出るだろうが、SBrでのダメージはC効果が載らない為に武器のATKがそのまま影響する。

殴りでも倒せるように特化マインを常時持つって手もありかと思う。

061123-7.jpg
このニブルMAPにて一番錐での効果が高い奴がブラッディマダー。
塩+LAで20kを超えるダメージが出るが。
SBr型では無い為一撃でなぎ倒す事は出来ない。

そこは低INTの殴り型二刀故にだろう。
そこが良いと私は思うが。

今日はこのぐらいに。
一回にSS乗せることが出来ずに明日に続く。
それでは今日はこの辺で~ノシ
少しずつアサクロも復活の兆し・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ソウルリンカー。(68)
みなさんにゃっはー。

最近心無しに思う事が一つ。
挨拶の「にゃっはー。」全然流行してない。
うん、そろそろやめようかな。

それでは、タイトルに目を移しまして。

061122-1.jpg
一体何日亀地上に滞在しているんだと?
1回の狩りに撮るSSの数が一回の更新では収まりません。
と言えばよいか。
いんであん嘘つかない。

上記のSSは、MOBの居ない通り道でのサイトを使用した所。
常とも言わずに、ペストのクロークは分かりにくいもの。
以外に、耳を澄ませば効果音にてその姿を確認する事も可能では在るがここは個人差に寄ると私は思う。

そんな時、気が付き次第サイトを使用し付近を詮索するのも前衛としての勤めと。

061122-2.jpg
毎回口にして居るのが、MEの師匠は鷹を上手く飼いならしている。
きっと、毎回高級食材にて手なずけているに違いない。
考えると恐ろしい。

周りにウサギが居るか確認しつつ、トンボなどのアクティブMOBが二体接近して来た時、その鷹の威力は最大限になる。
行け、鷹。
名前も無い悲しい奴は今日もMOBを攻撃する手段となる。
ダメージが分配されてしまうが、一体ずつ確実に仕留めるも範囲攻撃を有効活用できる時はする。

前衛としては、鷹の攻撃範囲にMOBを出来る限り呼び寄せ鷹に願い攻撃を貰う。
私の願いは常にしらんぷり。

061122-3.jpg
と。
狩場には、珍しいと思うリンカーのペアを発見。
自分達も否定出来ない癖に、珍しいと言うのはおかしいが・・。
Gvでの成れか分からないが同士を見ると魂を使いたくなる。

上記のSSは二回目ぐらいにすれ違った際の状況。
私の魂への感謝か、ハンターの魂をくれた。
今思えば、そのリンカーさんはリンカー魂を所持していなかった・・。
MEの師匠曰く、結構リンカー魂を所持している人は少ないとの事。

VIT型で希少、リンカー魂で希少。
そして何よりハンター魂の所持している人も希少だと思うっ!

せっかくなので。
061122-4.jpg
ビーストっ!
しかし、上記のSSのダメージは使用まえのDSのダメージ表記。
撮影ミスとかorz

061122-5.jpg
2800のDSからの1500によるビーストストレイフィング。
ビーストのダメージ計算は、通常DEXが攻撃力となる弓職だがビーストを使用時のみ攻撃力はSTRとなる。
その為に、ハンターにてSTRをあげる人は少なく1500も出れば妥当なのだろうか。

私はハンター魂を所持していないが、MEの師匠曰く、ビーストを使用前提でSTRを上げたハンターは通常よりも発光が早い、と言う。
恐ろしいビーストパワーだ。

061122-6.jpg
その後もウサギを一体ずつ鷹の支援を貰いずつ撃破。
矢の残量と相談しつつ、亀地上を跡にした・・・。

061122-7.jpg
私のミスでタラへ攻撃をしてしまった。
食らえ奥義『インディア』。
何、食らわぬ!?
攻撃スキルでは無しに・・・今後MHに出会ったら使用してみようかな?
とか、思いつつ亀地上の思い出を一つ残した・・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
短剣で、ASが発動したりするカッコいい武器ないかな?
OK、スクロールだっ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ソウルリンカー。(67)
みなさんにゃっはー。

告知。
20日の日記は19日の出来事です。
言い忘れてました。
今更言う事も無いかと思いつつ、20日プロバイダーの工事の為に夜接続不可となる。

しょうがないか・・・。
それではリンカー日記を。

061121-1.jpg
入り口にて一枚、いざ行かん。

061121-2.jpg
亀地上に来てから、装備の見直しを考え。
少しずつでは在りますが、買い換えてます。

前衛として出来る限りMOBからの被害ダメージを少なくすべくDEFの思考と、カウンターダガーによるクリティカルのタゲ取りから運剣にて完全回避を上げてのインベ攻撃へとしました。

あとはお下がりを使用。

061121-4.jpg
インベ実装。
相手を毒にする事でHPを減らしつつ攻撃してもらう。
毎回、毒になる事は無いが、それでも無いよりは確実に倒す速さは増したはず。

061121-5.jpg
個人的には良いSSが取れたと思う。
クローキング。
睡眠攻撃。
そして、どうしても気になる攻撃がウサギのバッシュである。
亀地上に来てからと、バッシュの痛さをどう対処するかと考え盾の持ち替えを行ってきたが。
それでも、このダメージ。

多分、虫盾でのバッシュは1200前後食らう。
動物盾でどうにか800前後の被ダメージに抑える事が出来た。
今後も、動物盾を基準にバッシュ対策をしなくてはデスペナを食らう事も避けられないと。

カアヒが、スキルにて反応しないのも一つあるかも知れないが。
その辺は、ダメージを最小限に食い止める事が出来るのであれば、次にくる通常攻撃にて回復できる範囲内である確認も出来た。

MOBのスキルも頭上にスキル名出たりしませんか?
気が付かないのです・・・。orz

061121-3.jpg
たまには、偶然のSSからのネタを投下。
落法を使用と同時にMEの師匠がアイテムを拾う場面。

なかなか絵になったっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
リンカーもじりじり上がってきてますっ!
目指せVIT100っ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

ソウルリンカー。(66)
みなさんにゃっはー。

ソウルリンカーとハンターの亀地上ペア狩り。
攻撃力の無いVITリンカーは、前衛に慣れるのか。
単なる壁なのか・・。

061120-1.jpg
亀地上へと赴く。
しかし、タイギリから間違えてノピティギをしてしまった。
海への痛快なダイブである。

061120-2.jpg
前衛として初心へ戻り、一つずつ確認しながらもっとも優位な方法にて狩りを進める。

鷹の攻撃。
量産であるMEの師匠のハンターは、亀地上でも変わる事無く鷹の攻撃が熱い。
キット、良い具合に手なずけているに違いない。
そこで、沸きが多い亀地上での最良の動きがハンターとMOBの直線状を注意する事。

当たり前と言えばそうなのだが。
前衛がタゲを取る前に、鷹の間合いに入ってきたウサギがやたら難い。
その為、タゲを取り少し移動しウサギから遠ざける事で一体ずつ確実に処理をする。

061120-3.jpg
本当に上手く鷹を飼いならしている。
ウサギはアイテムを拾う為に、接近して来る為にトンボのDROPを先に拾うか、ウサギのタゲを奪うかどちらかが無難に思いつつ。
過剰に抱える場面はさすがに抑えたい。

一体ずつ抱えては軌道修正を行いつつ、確実にしとめる。
トンボの横沸きだけはどうにもならずに、距離を取り逆に鷹の攻撃を促す為にMOBを一定に固める為に動いたりする。

061120-4.jpg
上記のSSは、クローキングからのペストを攻撃する状態。
サイトでのあぶり出しからDSを叩き込む。

持ってて良かったサイトクリップ。

061120-5.jpg
と。
上記のSSが、鷹の攻撃により非アクティブのウサギのタゲを奪ってしまい後衛のハンターへとウサギが行ってしまった場合。
MEの師匠が、上手くアンクルを置いてウサギからの攻撃避けてくれる。

やはりハンターはアンクル在ってのって事なのでしょうか。
ほかにも、トンボがあふれたり過剰にペストが接近した場合、罠を置いて睡眠などの対策をしてMOB殲滅にいそしんでいる。

ハンター・・・面白そうだ・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
師匠はQMCを手に入れた。
なかなかの回復率で、回復財を必要としないらしいです。
じゃ~私は太陽剣でも使いますか!

しかし そうび はゆるされないorz

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
11/19GvG~♪
みなさんにゃっはー。

今週の週末のイベントGvGの模様を乗せたいと思います。
出来る限り時差ぼけの無いように。

今週もGvレポートをお届けしたく思います。
先週の鯖の強化。
今週はどうなることやら・・・。

それでは。
GvGのレポは『追記を表示』からどうぞ。
神器スドリ大戦。
みなさんにゃっはー。

久々の放置露店。
夕方帰宅し、画面を見るや神器作成のロゴありけり。

夜も深まる頃になるだろうと、踏んでいたが。
時早まりし22時過ぎ。

戦いは始まった・・・。
061118-1.jpg
3次クエストが開始し、思った以上に早い時間に戸惑いながらも、スドリの地へと足を運ぶ。
今回で5戦目となるスドリ戦、男として負けられない。

鯖缶。

開始直後と同時に・・・。
スドリが確認できず、動き回り、結果エフェクトをON状態に戻した事がアダとなったか。。。

061118-2.jpg
動き、スドリを読み込むべく試行錯誤。

そして鯖缶。
悲劇増大orz

061118-3.jpg
鯖缶⇒再読込み⇒移動する⇒鯖缶。

全ては、仕組まれたエンドレス。
もう少し早く移動すればと悔いても後の祭り。

061118-4.jpg
すると。
諦めなかった事が運を呼んだか。
突然、人が現れ始めスドリ本体は見えなくとも、表示はされたご様子。
この気を逃すべく戦いを申し出る。

061118-4-1.jpg
同時に3次クエスト50人達成のログが流れる。
まだ、終わっては居ない、寧ろこれからだと・・。

061118-5.jpg
来た!!
と、叫びたくなるこの感覚。
やっと、出会えた強敵に笑みすらこぼれる。
今回こそはっ!

061118-6.jpg
痛恨の鯖缶。

鯖にキムチ詰まってますよ奥さんっ!!
なんだ・・・この嫌な空気は・・・。

061118-7.jpg
追い討ちをかけるように4次終了のログ流れる・・・。

そうか。
不戦勝を狙うつもりだったのだなスドリっ!

061118-8.jpg
今は戦ってる場合ではない。

戦ってう時に姿を眩ましたのは誰だっ!
こうして・・・スドリ5戦目は幕を下ろした・・・。

気が付けば、開演ベルばかりで幕は下ろしたままだったのかもしれない・・・。
悔しい以前に・・・やるせない気持ちだけが残る。

それでは今日はこの辺で~ノシ
スドリよ、まだ負けを認めた訳じゃいぞっ!

覚えてろよ~!!!!!!1111


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

ソウルリンカー。(65)
みなさんにゃっはー。

今日は昨日の続き。
MEの師匠のハンターと亀島でのペア狩りについて。

今までアサクロとして前衛をして来たが、PTでの狩りはほとんど無いに等しい。
AGI型の様に避ける事も無く、LKの様な攻撃力も持たない。
範囲攻撃はMBのみのVITリンカーでの前衛に未来はあるのだろうか・・・。

在ると信じたい。

061116-1.jpg
前衛について初心に戻る。
MOBのタゲと後衛との一定の距離を保ちMOBを抱える。

横沸きなどの注意警戒をする。
後衛の横沸き以外は出来る限り対処すべく行動する。

061116-2.jpg
MHとの接触。
目視にて、通り道先に居るMOBを推測する。
入り口に数匹見える、奥に良そうな雰囲気な場合は即座に後衛へ連絡しその歩みを緩やかに突撃する。

前衛として自らの命を壁にする。

061116-3.jpg
MOBの使用スキルに対応する。
亀地上で一番厄介なのが、ペストのクローク。
現在、リンカーでは常時サイトクリップも用いてペストのクローキングを消し、後衛への攻撃を促す。
サイトにて発見したペストをDSを二発打ち込み倒してもらう。

その後、残りのMOBへと攻撃を移す。

061116-4.jpg
亀地上でのペスト次に注目すべきMOBのスキルが、トンボの睡眠攻撃

以前アサクロで狩りをした体感では、かなりの確立で睡眠攻撃をしてきた。
しかし、VIT型の為にその状態異常効果は限りなく無いに近い。
無いに近いと言うだけで無い分けでは無い。
その、証拠に上記のSSでは睡眠している。
が、常時MOBからの攻撃を受けている為に直ぐに目を覚ます。

よって、睡眠効果はあまり気にする事もなさそうだ。
もし考えられるとすれば、睡眠攻撃とMOBを倒す瞬間が同時で在った場合のみ眠り放置となる可能性もある。

気にする確率化は今後の狩りにて判断したい。
まだ、始まったばかり、さすが高Lvの狩場亀地上であるっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
思えば、アサクロも亀 リンカーも亀 船の親父にいくら渡した?


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ソウルリンカー。(64)
みなさんにゃっはー。

久々のリンカー起動。
MEの師匠の持っているハンターとようやく公平内となったので、前衛としてリンカーを出す事となった。

地味にリンカーもLvUPしたりしてます。

と。
その前に・・・。
061117-1.jpg
♀垢にて露店を徘徊中に見つけた品。
リボンの色違い。
何かの得点だったのか。
思い出せずに、何だろうちょっと欲しい気もする。
リボンも着用すると以外に可愛いと思う私が居ます。

さて。
061117-2.jpg
MEの師匠に亀島に連れて行ってもらう。
支援無しのペア狩りと言う事。
前衛としても中途半端ではあるもののカアヒが在る為、劣化プリーストの位置づけでは無いかと思う。
しかしそこが劣化であると言う事実。

061117-3.jpg
師匠のハンターは、量産型らしい。
ハンターの経験の無い私は量産の意を詳しく知らない。
INT値とLUK値に振っている型らしい。

私が支援にてペアして来たハンターさんより鷹が飛んでいた。

061117-4.jpg
INT値に多少振っているものの、やはりDSの連打は厳しいか・・。
私も、常時カアヒの事もあり休憩しつつ狩りをする。
やはり支援が無い為に、SPの管理は重要な鍵の一つなのだろう。

061117-5.jpg
鷹はさすがに強い。
DSのが確かにダメージは出るものの、通常攻撃からの鷹攻撃にて出る固定ダメージは、少なからず戦力になっている。

061117-6.jpg
さすが亀地上と言うべきMOBの沸き。
横沸きの為に私が移動すると、その分MOBが流れてしまう事もあり、なかなか私は移動できずにトンボ一体ならアンクルにて対処してくれる。

アンクルも置き難い点があるが、実用性はまだまだ捨てたものではなかった。
前衛としても、まだまだ未熟な私。
MEの師匠を納得できる動きになるべく思考は続く。

今後は、出来る限りリンカーを起動して行きたい。
それでは今日はこの辺で~ノシ
カウプ連打は、指が痛いorz


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【MVP編】
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
マグヌス神のエクソシズム、使われるキャラクター・・・。

061114-1.jpg
コウモリの大群を発見。
直ちに聖域を発動し支援を行う。

GD2Fに出現するMPVドラキュラの取り巻きファミリアが見えた。
ドラキュラの戦い方の基本はサンクチュアリによる攻撃。
MEの利く属性のボスではあるがMDEFが高すぎる為に、固定ダメージで回復するサンクを使用する。

061114-2.jpg
しかし、ソロで倒すなどトラに挑む一匹のウサギ同然。
気合を入れ、対峙したがあえなくデスペナを受けた。
Lv70代だったとか思い返す事もしたくない。

タイトルの意は、不明のままである・・・。

061114-3.jpg
負けてたまるか。
その時点で、既に負け犬の遠吠えとも知らずに・・。

再度、挑戦と迎えばそこは、終了の意の解散風景。
もともと、ソロでは撃破の難しいボスだけに、何回死ねば倒せるか試してみたいと思ったり。

デスペナを増やす事に成ろうとも。
いや、それは無いだろ?

061114-4.jpg
ボスは解散風景を横目にGD3Fへ降り立ちバックサンクの練習を続ける。
死と薄板一枚の紙一重ではあるが。
MOBを一定方向へ誘い込み、サンクを後ろへ放つ。

忘れていけないのは初歩だっ!

061114-5.jpg
バックサンクが四方八方に設置出きるなら、まず問題ないだろう。
しかし、そんな高レベル直ぐに出きるわけが無い。

高レベルと言うのも、自分に視点から見て目視で4マス数える事は先ず遣らないと言っても過言ではない。
後は、感覚となれば数をこなすしかないだろう。

そろそろ、SSのバックサンクの位置が固定されつつある事に気が疲れただろうか?

いや、まだだろ?

それでは今日はこの辺で~ノシ
視点切り替えで、目もぐるぐる。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【激闘編】(5)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
骨の上を歩け。

061115-1.jpg
成長の兆し見えず。
サンクを発動ギリギリまで耐えるもサンクを設置直後倒せる。
隙でも生まれるのか?

061115-2.jpg
デスペナばかりも受けて居られず、MOBの数を調整しつつサンクの置く位置まで移動し詠唱開始する。
例え、暗闇に成ろうとも。
サンクの発動と同時に、SCからMEを選択クリックにて詠唱開始する。
ディレイが無いサンクだが、まだまだ詠唱が遅い為に、発動までの駆け引きが勝負の分かれ目かっ。

061115-3.jpg
暗闇になったり呪いになったり。
それでも、アコセットの効果は絶大だと信用し装備を維持しMEを唱える。

061115-4.jpg
SSでは、MEばかりで何が楽しいと。
言う事も出きるが、バックサンクは実に難しい。
使用者が、不器用なにを除いてなかなか成功しなかったりする。

不意に1マスずれるとか日常茶飯事。
そこを、完璧へと願うばかりデスペナが増える・・・orz

それでは今日はこの辺で~ノシ
動画的なSSは取れないものかと叫ぶ。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【激闘編】(4)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
向かう先はその屍の先。

061113-1.jpg
常にMOBを倒す為に青石を2個消費するサンクMEプリ。
時として、2枚以上サンクを張ることもしばし。
青石の消費は、確実ではあるが、抑えなくてはならないのがSP。

SPはどんな場面でも、使えなくては意味が無いと。
MOBを倒した直後の移動前にはマニピ。
これ、結構忘れがち。

061113-2.jpg
聖域を展開、MOBへの攻撃を回復にて相殺する!

な、何をする!!!11
デスペナ 一個獲得。

MOBが多すぎたか。
詠唱が遅すぎるのか。
単純な腕の問題か・・・orz

061113-3.jpg
上手くサンクを展開し、MOBの攻撃に耐える事が出来てMEを放つ。
放つまでの間サンクでの回復でMOBの攻撃を絶える。

良く見かける、「生ME」と言われる素置きME。
キリエ型やHiプリな耐える人特有の狩り方。

サンク狩り・・・耐えない人の特有の狩り方。
常にデスペナとの隣り合わせ。

061113-4.jpg
サンク⇒安全確保⇒ME⇒サンク破壊⇒まだMEディレイ⇒死亡?

横脇したMOBが、サンク破壊など朝飯前に行ってくる。
こう言う時こそ回復財を叩いて耐えろ、そういう事なのだろう。

ケチってはデスペナを重ねるばかり。
貧乏性がこんな所でアダとなるとは・・・orz

それでは今日はこの辺で~ノシ
2PCからソロへデスペナの確立上昇中。


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
11/12GvG~♪
みなさんにゃっはー。

11月二回目のGvG。
先週は、帰宅したらGv開始していた為に不参加しましたが、今週は何とか参加する事が出来ました。
リアル多忙ではありますが、今週も時差ぼけGvレポートをお送りしたいと思います。

それでは。
GvGの記事は『追記を表示』からどうぞ。
ギルドのオフ会
みなさんにゃっはー。

土曜日の夜にありましたギルドのオフ会。
都内『seal』オフの模様をお送りしたいと思います。

集まったメンツは。
レインさん、もりさん、あーしゅらさん、花火さん、かなでさん、たまさん、私の7人。
8人予定が連絡取ると自宅待機との話。
良く有るらしい・・・。

御徒町に集合する一行。
昼間大雨だったが、どうにか夜には小振りとなり雨の心配はなくなった。
一行は、集まり次第、幹事が予約をしていた店へと移動する。

幹事。
今回、幹事役だった人は残念な事に体調をこじらせてしまったらしい。
残念無念。
幹事の引継ぎがあったのか、レインさんが予約してくれたらしいお店へと着いた。

ジンギスカンのお店。
私実はジンギスカンを食べるのは初めてだったのだが。
野菜やら、お肉やらを焼いて食べる焼肉に似た感じらしかった。

お肉は、やっぱり美味い。
個人的に、一緒焼いた「もやし」がかなり気に入っては居たが途中話が弾んで気がついたらスケルボーンに進化してた。
焦げて黒くなったorz

ギルドのオフ初参加と言うこともあり、キャラ名と顔の一致が大変ではあったが、キャラを必死に思い出しつつも中身の人たちはかなり良いキャラを持っている人ばかりでよかった。
Gvの話。
狩りの話。
などなど、リアルでの仕事やバイトの話を交えて、ジンギスカンを焼き食し予約の時間はあっと言う間に過ぎた。

その後、場所を移動し二次会へと。
たまさん、かなでんさん、もりさんは分かれてしまったが、移動しつつ二次会は「月のしずく」
月の雫だっただろうか?
以前、ドラマで有名になった飲み屋だった感じのうる覚え程度だが・・・。

既に、酔っていると言う人も居たが。
飲み足りない私は、お酒を飲みつつ。
たわいもない事を話していたら終電になったので帰路に着く。

終電を忘れて居て、最寄の駅手前で電車を降ろされた私はかなりアフォだっとだけ乗せておく・・・。

また、開催されるなら是非参加したいと思う。
わいわいしながら飲んだり食べたりするのも悪く無いと思うっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
次の日、仕事だったが頭痛で休みたい気持ちでいっぱいだったっ!
ME日記第二章【激闘編】(3)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
激闘前に倒れるこの事実明らかに・・。

061110-1.jpg
見える見えるぞ。
サンク発動と同時に死んだSSが。
詠唱が遅いのもあるが、たまにMHで敵をまとめてサンクを打つとその被ダメ量の多さに絶えられずに倒れる。

日常茶飯事であるっ!

061110-2.jpg
聖域へのギリギリ範囲に入りそこからMEを放つ。
狭い場所でも、サンクさせ引ければMEを放つまでの時間を稼ぐ事が出来る。

061110-3.jpg
なかなか上手く自分の立ち位置にサンクをギリギリ置くと言う事が出来ずに良くMOBを巻き込んで聖域を消してしまうことが多い。
今はただただ練習あるのみだと思う。

061110-4.jpg
ブレシング!!
アコセットのASが発動した所。
一応、闇、悪魔に対して耐性がある為に装備をしている。
経験値が多少UPする嬉しい装備でもある。

サンクの成功SSが多いように思うが。
それは、デスペナが無いだけで実は失敗も数多く存在している。
サンクを引くがMOBが抱えきれずにテレポする場面も存在するぐらいMOBの数調整には、命がけに思う。
アコセットだからと、MOBを過剰に抱えることは無理なのだ。

当たり前だっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
最近思う。
サンクのクリック地点に液晶画面をマーキングしてはいかがだろう?
うむ、遣ってみるか・・・・?

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【激闘編】(2)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
ニブルからGD3Fへの引越し完了。

06119-1.jpg
今、までのSSはME発動後で白いSSで何がなんだか分からないと。
しかし、そんなご心配は無用。
サンクを置いてMOBの被ダメを相殺し、そこにMEを放つ。
この方法だと、安定した狩が出来る。
2PCのが、確かにMOBの数も壁が居る事から抱える数が違うわけだが。
逆に、ソロだからできる事がある。

危なくなってらテレポだだだ。

06119-2.jpg
バックサンクの目安は自分のキャラの足元から4マス目。
正確には自分のキャラの周りのマス目から3マス目。
の位置にサンクを設置すると、ピンポイントで回復しMOBが進入する事も無く回復だけする事ができる。

と言う、ME狩りの初歩。

06119-3.jpg
SSはタイミングが遅れたのか。
上手く設置出来ているとMOBからの攻撃にて減ったHPをサンクで癒される。
その間にMEを打ちMOBを一掃する。
抱えすぎに注意は必要であるが・・・。

06119-4.jpg
まだまだ未完成であるDEXでのMEの発動だけに詠唱に時間を要するので、サンクが無ければデスペナの運動会になりかねない。

今現在はサンクの練習なので、クリップの持ち替えはやってないので、フェンカードを付けた状態での詠唱は、逆に速度が落ちる為に問題なのだろうか・・・。

早く失敗しないバックサンクを習得したい。

それでは今日はこの辺で~ノシ
サンクかデスペナかの紙一重の世界。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【激闘編】(1)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
ニブルはもう いやですっ!

06118-1.jpg
聖域の上にてデスペナを受ける。
入り口はデンジャラスゾーンであること間違いなし。

ニブルヘイムでの壁の後。
さすがにソロで、ごり押しと言えどもさすがに無理だろうと判断。
もっと早く気がつけよorz

06118-2.jpg
敵を背にまず聖域をサンクをだす。
MOBからのダメージを回避する。

06118-3.jpg
ニブルでの動きを脳内でまとめ忠実いサンクからMEの詠唱へ移る。
しかし、失敗はつきもの。
SSはうまいのだけ乗せていると言う編集記事。
いや、そうでもないが・・・orz

06118-4.jpg
サンクの上にてMOBから攻撃を受けつつも耐え抜きMEを発動できれば、MOBを一掃できる。
サンクMEと言える狩り方になるのだろう。
サンクがずれて聖域内部にMOBが侵入し聖域が決壊しプリが死にそうになる事は茶飯事ではあるが・・・。

負けじと今日も今日とてっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
ME日記今後も続くなりっ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【壁編】。(2)
みなさんにゃっはー。

一日一回のエクソシズム。
MOBを抱えて悪魔退治「マゾヒストエクソシズム」

06116-1.jpg
昨日の続きにて、狩りをしていた広場の場所をMAPにて見てみる。
中心よりやや上、テンキーで言う『8』と『5』の間と言うべき場所だろうか。


06116-2.jpg
やはりアスムの効力は偉大だと痛感する。
アコセットにて悪魔系のダメージ減少と同時にアスム効果にてダメージを更に下げる。
Hiプリの師匠だけにあのダメージなのだが、それでもアスムの有無は狩りに大きく左右される。
MEの発動前はMOBを抱えて発動まで耐えてもらう。
発動までが長い、未完成MEプリである私は修行不足。

06116-3.jpg
これでもかと、MOBを抱えてもらう。
この、広間狩場の人口密度にもよるが良いMOBの沸きをしてくれる場所でもある。
その為、ぐるぐると移動するだけでMOBから着てくれる素敵仕様なのだ。

06116-4.jpg
壁をしてもらうばかりで、まったく使い物にならない私。
と。
レアと言えばカードだからレアなのだろうが。
『使えないカード』を一枚獲得した。
記念に一枚いかが? と 言う感じなのだろうか?
その後、記念カードと共にニブルを後にした・・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
もうニブル怖すぎっ!!!111

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

ME日記第二章【壁編】。(1)
みなさんにゃっはー。

一日一回のエクソシズム。
タイトルを変更。
ソロ狩り開始に第二章へ突入。
もう、ネタがないorz

06115-1.jpg
デスペナ祭りを聞きつけじらしたか。
指南の名目で壁をしてもらう。

06115-2.jpg
もう、今となっては敵を抱えて貰う事もない。
ヒールを貰いつつもLAを入れてもらう。

06115-3.jpg
通常バックサンクにて回復しつつMEを放つが、ヒールを貰える為此処は『生ME』をする。

どうも『生ME』とは、SWやサンクをしないでMEを直接置く事を言うらしい。
知らなんだorz

06115-4.jpg
同じSSに見えてしまい申し訳ない。
発動時にSSを押すと真っ白で何をしているかわからないだろうか。

もう少しSSの撮り方も考えなくてはと思いつつ。
文章で付け加えるなら。
MOBの群れを発見し壁にてMEを詠唱、発動後にMOBのタゲが移動しSSの状態に至る。
SSは何も語らず・・・。orz

それでは今日はこの辺で~ノシ
次回に続く。
死して強くなる、負けた時の悔しさを自分の物にできるのばらば・・。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
広告。
みなさんにゃっはー。

11/5の11月初のGvGは、巻き戻し現象に伴い不参とさせていただきました。
今週のGvGレポートは有りませんのでご了承ください。

と。
硬い事にしておいて連休お出かけしており帰宅がGvGに間に合いませんでした。
それだけの事です。

来週からは、レポートを出来る限り更新致しますので宜しくお願いします。

時差ぼけ告知終了っ!
それでは今日はこの辺で~ノシ
MEをぼちぼち進めておりますっ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【無謀編】。(2)
みなさんにゃっはー。

一日一回のエクソシズム。
聖域1枚と悪魔退治。

06114-1.jpg
発動時にSSを押してしまう事が多く。
真っ白で何がなんだが分からなく・・・。
悪魔退治である事だけが分かる一枚の写真。

06114-2.jpg
MEの発動中にさらにMOBが横からプリを攻撃しようとMEへ進入する。
しかし、MEにより一掃される。

06114-3.jpg
そんな強力な魔法も発動するまでに問題がある。
MEプリともなれば詠唱をどれだけ早いかによりその強さも違うと言えるぐらい詠唱速度は重視される。
よって、70代であるMEプリは、未完成であるが故に死ぬ。

MEを放つがディレイの間にヒールをする事が出来ずにデスペナを頂戴する。
通常、ディレイ時間には白Pなどにて回復する事が常識とも言える狩り方では有るのだが・・・・。

私は・・・。
貧乏性なので、回復剤をケチる。
よってデスペナの数は通常の倍は貰う事間違いないのだorz

それでは今日はこの辺で~ノシ
戦いは始まったばかりだっ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ME日記第二章【無謀編】。(1)
みなさんにゃっはー。

ME日記。
一日一回のエクソシズム。
2PCの解除、ソロ狩りの時満ちる。

06113-1.jpg
無謀にも降り立った場所は、ニブルヘイム。
なぜ、ソロ狩りで選んだ場所が此処なのか。
アフォかバカか。

私は思う。
どうせやるなら難しい方がやりがいがあると・・・。
それを人は無謀と呼ぶ。

06113-2.jpg
初のバックサンク。
今まで練習などした事は無い。
全て、wikiでの中途半端な知識に寄るごり押し。

06113-3.jpg
MOBからの攻撃を受けながらも、サンクを発動させ聖域による回復からMOBのダメージを無力化する。

そこからMEを解き放つ。
06113-4.jpg
一列に並ばされたMOBは、発動と同時に一掃される。
サンクMEの基本はこれなのだろうか。

バックサンクの練習を含めた実践での訓練で今後も絶妙なサンクを配置していきたい。

06113-5.jpg
願わくば・・・・。
デスペナが増えない事を・・・・。

二桁水準は嘘じゃないっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
聖域の上で悪魔退治。
そろそろ、陰陽師あたりに喧嘩でも売るか?


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ソウルリンカー。(63)
みなさんにゃっはー。

今日はソウルリンカー日記。
ADPTに参加出来る時が、やはりリンカーを出したいと願い。
VITの高さを売りに前衛志望する。

06112-1.jpg
勇者よ君の地へ帰るか。
AD経験がある人なら、今更でも無いが砦所持ギルドが旗に振れると問いかけてくる。
しゃべる旗である。

06112-2.jpg
今回のPTは、前衛2、ME1、後衛1。
今回は、wiz様がなかなか捕まらずに、Hiプリさんが支援と火力を両方受け持つ事になった。

後衛のバードさんと二役でMEにてMOBの処理をする。
前衛の我々は、MOBをMEへ運ぶと同時に後衛を守る役目をする。

06112-3.jpg
他のギルドもADで狩りをしており邪魔にならずに、水場へ移動した。
ブラキの中でMEを放ちMOBを抱える前衛とMOBにLAを入れるプリさん。

MEとLA+支援でかなりSPがきついご様子だったが。
それでも、無難にこなしてくれた。
ブラキによる詠唱速度の増加が良かったのかも知れない。

06112-4.jpg
SPの問題もあり、固定狩りを少しした所で、青石が減ってきたので帰還した。

私もMEを育てているものの、BADでのME狩りはMOB一体ずつのMHPが高い為に一枚では倒す事は不可能な為にLAなどの応用が必要となってくる。
ブラキあってのME狩りだったのだろうか・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
実に、結構前の物語だったりする。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

ハローウィンパッチ。
みなさんにゃっはー。

今日は、狩りから少し離れて。
たまには、季節イベントを楽しもうと思います。

ハローウィンパッチ。
なにやら、カボチャのパーティーらしいです。
私はハローウィンになじみがないので10/30だったかな?
程度に認識でしたが・・・orz

今回はネタばれも含みますので『追記を表示』からどうぞ。
パンプキンハット制作をしてみましたっ!
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。