海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ソウルリンカー。(68)
みなさんにゃっはー。

最近心無しに思う事が一つ。
挨拶の「にゃっはー。」全然流行してない。
うん、そろそろやめようかな。

それでは、タイトルに目を移しまして。

061122-1.jpg
一体何日亀地上に滞在しているんだと?
1回の狩りに撮るSSの数が一回の更新では収まりません。
と言えばよいか。
いんであん嘘つかない。

上記のSSは、MOBの居ない通り道でのサイトを使用した所。
常とも言わずに、ペストのクロークは分かりにくいもの。
以外に、耳を澄ませば効果音にてその姿を確認する事も可能では在るがここは個人差に寄ると私は思う。

そんな時、気が付き次第サイトを使用し付近を詮索するのも前衛としての勤めと。

061122-2.jpg
毎回口にして居るのが、MEの師匠は鷹を上手く飼いならしている。
きっと、毎回高級食材にて手なずけているに違いない。
考えると恐ろしい。

周りにウサギが居るか確認しつつ、トンボなどのアクティブMOBが二体接近して来た時、その鷹の威力は最大限になる。
行け、鷹。
名前も無い悲しい奴は今日もMOBを攻撃する手段となる。
ダメージが分配されてしまうが、一体ずつ確実に仕留めるも範囲攻撃を有効活用できる時はする。

前衛としては、鷹の攻撃範囲にMOBを出来る限り呼び寄せ鷹に願い攻撃を貰う。
私の願いは常にしらんぷり。

061122-3.jpg
と。
狩場には、珍しいと思うリンカーのペアを発見。
自分達も否定出来ない癖に、珍しいと言うのはおかしいが・・。
Gvでの成れか分からないが同士を見ると魂を使いたくなる。

上記のSSは二回目ぐらいにすれ違った際の状況。
私の魂への感謝か、ハンターの魂をくれた。
今思えば、そのリンカーさんはリンカー魂を所持していなかった・・。
MEの師匠曰く、結構リンカー魂を所持している人は少ないとの事。

VIT型で希少、リンカー魂で希少。
そして何よりハンター魂の所持している人も希少だと思うっ!

せっかくなので。
061122-4.jpg
ビーストっ!
しかし、上記のSSのダメージは使用まえのDSのダメージ表記。
撮影ミスとかorz

061122-5.jpg
2800のDSからの1500によるビーストストレイフィング。
ビーストのダメージ計算は、通常DEXが攻撃力となる弓職だがビーストを使用時のみ攻撃力はSTRとなる。
その為に、ハンターにてSTRをあげる人は少なく1500も出れば妥当なのだろうか。

私はハンター魂を所持していないが、MEの師匠曰く、ビーストを使用前提でSTRを上げたハンターは通常よりも発光が早い、と言う。
恐ろしいビーストパワーだ。

061122-6.jpg
その後もウサギを一体ずつ鷹の支援を貰いずつ撃破。
矢の残量と相談しつつ、亀地上を跡にした・・・。

061122-7.jpg
私のミスでタラへ攻撃をしてしまった。
食らえ奥義『インディア』。
何、食らわぬ!?
攻撃スキルでは無しに・・・今後MHに出会ったら使用してみようかな?
とか、思いつつ亀地上の思い出を一つ残した・・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
短剣で、ASが発動したりするカッコいい武器ないかな?
OK、スクロールだっ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
ソウルリンカー。(67)
みなさんにゃっはー。

告知。
20日の日記は19日の出来事です。
言い忘れてました。
今更言う事も無いかと思いつつ、20日プロバイダーの工事の為に夜接続不可となる。

しょうがないか・・・。
それではリンカー日記を。

061121-1.jpg
入り口にて一枚、いざ行かん。

061121-2.jpg
亀地上に来てから、装備の見直しを考え。
少しずつでは在りますが、買い換えてます。

前衛として出来る限りMOBからの被害ダメージを少なくすべくDEFの思考と、カウンターダガーによるクリティカルのタゲ取りから運剣にて完全回避を上げてのインベ攻撃へとしました。

あとはお下がりを使用。

061121-4.jpg
インベ実装。
相手を毒にする事でHPを減らしつつ攻撃してもらう。
毎回、毒になる事は無いが、それでも無いよりは確実に倒す速さは増したはず。

061121-5.jpg
個人的には良いSSが取れたと思う。
クローキング。
睡眠攻撃。
そして、どうしても気になる攻撃がウサギのバッシュである。
亀地上に来てからと、バッシュの痛さをどう対処するかと考え盾の持ち替えを行ってきたが。
それでも、このダメージ。

多分、虫盾でのバッシュは1200前後食らう。
動物盾でどうにか800前後の被ダメージに抑える事が出来た。
今後も、動物盾を基準にバッシュ対策をしなくてはデスペナを食らう事も避けられないと。

カアヒが、スキルにて反応しないのも一つあるかも知れないが。
その辺は、ダメージを最小限に食い止める事が出来るのであれば、次にくる通常攻撃にて回復できる範囲内である確認も出来た。

MOBのスキルも頭上にスキル名出たりしませんか?
気が付かないのです・・・。orz

061121-3.jpg
たまには、偶然のSSからのネタを投下。
落法を使用と同時にMEの師匠がアイテムを拾う場面。

なかなか絵になったっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
リンカーもじりじり上がってきてますっ!
目指せVIT100っ!

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

ソウルリンカー。(66)
みなさんにゃっはー。

ソウルリンカーとハンターの亀地上ペア狩り。
攻撃力の無いVITリンカーは、前衛に慣れるのか。
単なる壁なのか・・。

061120-1.jpg
亀地上へと赴く。
しかし、タイギリから間違えてノピティギをしてしまった。
海への痛快なダイブである。

061120-2.jpg
前衛として初心へ戻り、一つずつ確認しながらもっとも優位な方法にて狩りを進める。

鷹の攻撃。
量産であるMEの師匠のハンターは、亀地上でも変わる事無く鷹の攻撃が熱い。
キット、良い具合に手なずけているに違いない。
そこで、沸きが多い亀地上での最良の動きがハンターとMOBの直線状を注意する事。

当たり前と言えばそうなのだが。
前衛がタゲを取る前に、鷹の間合いに入ってきたウサギがやたら難い。
その為、タゲを取り少し移動しウサギから遠ざける事で一体ずつ確実に処理をする。

061120-3.jpg
本当に上手く鷹を飼いならしている。
ウサギはアイテムを拾う為に、接近して来る為にトンボのDROPを先に拾うか、ウサギのタゲを奪うかどちらかが無難に思いつつ。
過剰に抱える場面はさすがに抑えたい。

一体ずつ抱えては軌道修正を行いつつ、確実にしとめる。
トンボの横沸きだけはどうにもならずに、距離を取り逆に鷹の攻撃を促す為にMOBを一定に固める為に動いたりする。

061120-4.jpg
上記のSSは、クローキングからのペストを攻撃する状態。
サイトでのあぶり出しからDSを叩き込む。

持ってて良かったサイトクリップ。

061120-5.jpg
と。
上記のSSが、鷹の攻撃により非アクティブのウサギのタゲを奪ってしまい後衛のハンターへとウサギが行ってしまった場合。
MEの師匠が、上手くアンクルを置いてウサギからの攻撃避けてくれる。

やはりハンターはアンクル在ってのって事なのでしょうか。
ほかにも、トンボがあふれたり過剰にペストが接近した場合、罠を置いて睡眠などの対策をしてMOB殲滅にいそしんでいる。

ハンター・・・面白そうだ・・。

それでは今日はこの辺で~ノシ
師匠はQMCを手に入れた。
なかなかの回復率で、回復財を必要としないらしいです。
じゃ~私は太陽剣でも使いますか!

しかし そうび はゆるされないorz

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ソウルリンカー。(65)
みなさんにゃっはー。

今日は昨日の続き。
MEの師匠のハンターと亀島でのペア狩りについて。

今までアサクロとして前衛をして来たが、PTでの狩りはほとんど無いに等しい。
AGI型の様に避ける事も無く、LKの様な攻撃力も持たない。
範囲攻撃はMBのみのVITリンカーでの前衛に未来はあるのだろうか・・・。

在ると信じたい。

061116-1.jpg
前衛について初心に戻る。
MOBのタゲと後衛との一定の距離を保ちMOBを抱える。

横沸きなどの注意警戒をする。
後衛の横沸き以外は出来る限り対処すべく行動する。

061116-2.jpg
MHとの接触。
目視にて、通り道先に居るMOBを推測する。
入り口に数匹見える、奥に良そうな雰囲気な場合は即座に後衛へ連絡しその歩みを緩やかに突撃する。

前衛として自らの命を壁にする。

061116-3.jpg
MOBの使用スキルに対応する。
亀地上で一番厄介なのが、ペストのクローク。
現在、リンカーでは常時サイトクリップも用いてペストのクローキングを消し、後衛への攻撃を促す。
サイトにて発見したペストをDSを二発打ち込み倒してもらう。

その後、残りのMOBへと攻撃を移す。

061116-4.jpg
亀地上でのペスト次に注目すべきMOBのスキルが、トンボの睡眠攻撃

以前アサクロで狩りをした体感では、かなりの確立で睡眠攻撃をしてきた。
しかし、VIT型の為にその状態異常効果は限りなく無いに近い。
無いに近いと言うだけで無い分けでは無い。
その、証拠に上記のSSでは睡眠している。
が、常時MOBからの攻撃を受けている為に直ぐに目を覚ます。

よって、睡眠効果はあまり気にする事もなさそうだ。
もし考えられるとすれば、睡眠攻撃とMOBを倒す瞬間が同時で在った場合のみ眠り放置となる可能性もある。

気にする確率化は今後の狩りにて判断したい。
まだ、始まったばかり、さすが高Lvの狩場亀地上であるっ!

それでは今日はこの辺で~ノシ
思えば、アサクロも亀 リンカーも亀 船の親父にいくら渡した?


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
ソウルリンカー。(64)
みなさんにゃっはー。

久々のリンカー起動。
MEの師匠の持っているハンターとようやく公平内となったので、前衛としてリンカーを出す事となった。

地味にリンカーもLvUPしたりしてます。

と。
その前に・・・。
061117-1.jpg
♀垢にて露店を徘徊中に見つけた品。
リボンの色違い。
何かの得点だったのか。
思い出せずに、何だろうちょっと欲しい気もする。
リボンも着用すると以外に可愛いと思う私が居ます。

さて。
061117-2.jpg
MEの師匠に亀島に連れて行ってもらう。
支援無しのペア狩りと言う事。
前衛としても中途半端ではあるもののカアヒが在る為、劣化プリーストの位置づけでは無いかと思う。
しかしそこが劣化であると言う事実。

061117-3.jpg
師匠のハンターは、量産型らしい。
ハンターの経験の無い私は量産の意を詳しく知らない。
INT値とLUK値に振っている型らしい。

私が支援にてペアして来たハンターさんより鷹が飛んでいた。

061117-4.jpg
INT値に多少振っているものの、やはりDSの連打は厳しいか・・。
私も、常時カアヒの事もあり休憩しつつ狩りをする。
やはり支援が無い為に、SPの管理は重要な鍵の一つなのだろう。

061117-5.jpg
鷹はさすがに強い。
DSのが確かにダメージは出るものの、通常攻撃からの鷹攻撃にて出る固定ダメージは、少なからず戦力になっている。

061117-6.jpg
さすが亀地上と言うべきMOBの沸き。
横沸きの為に私が移動すると、その分MOBが流れてしまう事もあり、なかなか私は移動できずにトンボ一体ならアンクルにて対処してくれる。

アンクルも置き難い点があるが、実用性はまだまだ捨てたものではなかった。
前衛としても、まだまだ未熟な私。
MEの師匠を納得できる動きになるべく思考は続く。

今後は、出来る限りリンカーを起動して行きたい。
それでは今日はこの辺で~ノシ
カウプ連打は、指が痛いorz


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。