海の家。

近藤武巳の雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
追い込みの果て。
みなさんこんにちは。

数日で課金が切れる状況となった私は、リアルの事情から一度停止する事を決意。
切れるまでの数日間を、『追い込み』と称しAXに全力を尽くした。

しかし・・・。
Blogはその記憶を全て明らかにする間も無く、無言の更新停止となり、迷惑を掛けたと思う。
それでも閲覧者が平均40人だったのは、暖かい閲覧者に見守られてると強く思い今、思いを新たにペンを持った。

・・・。
此処に今回の記事がBlogを更新してから400回目に到達した事を記す。

本題へ。
070502-1.jpg
長きに渡り2PCでのアサクロ+プリペアで狩りを進めて来た私。
プリも以前低LvのVIT型からME型への進化を遂げ、詠唱も早く狩もスピードのつく物となった。

070502-2.jpg
停止前の最終更新から数日、遂に待ちに待った待望の日が来る。
ほとんどソロに夜経験地の獲得では在ったが、それでも一度はAXを休止する事となった時期も在り、錐の実装から数ヶ月亀島での狩から早1年。

描き強く思った日へと・・・。

070502-3.jpg
相方事我が神にが『枝』にてLvUPの祭りをしてくれた。
何本所持したか分からないが、次々と出るMOBをSBrする。

070502-4.jpg
なんと、お約束なのかカードが・・・。
結局、MOBも良いのが出る事も無く・・・・。

070502-5.jpg
なんだかんだと。
枝ではLvUPに到達する事が出来ずに、私の提案でやっぱり亀島へ。
思い出の深い、深い亀島Dにて無事にLvUPを果たす。

転生実装日に転生したアサクロも長き月日を掛け、やっとオーラを出す事が出来た。
これも、神を含めるギルドメンバー等の支えがあっての事。
自分だけだは、到底及ばない域を強く思いながらも・・・・。

達成間を感じぬまま・・・orz
20070505103828.jpg
永遠の装備微妙キャラとして確立したまま、武器ばかりに吸われる資金のやりくりを果たし、手に入れた錐からの猛烈な追い上げ。

休止こそあったが、それでも長い長いキャラクター製作と言うページに終止符を打つ事が出来た。
ジョブは完成して居ないが、完成させる予定も無くベースカンストの時点で満足している。

それでは今日はこの辺で~ノシ
近い内に『きゃらしょーかい』も更新予定なり。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
スポンサーサイト
追い込み。(4)
みなさんにゃっはー。

追い込み開始4日目。
住めば都、そんな亀D1F。
私の全盛期に比べて、狩場も人が減りMOBの取り合いも無く。
スリーパーMAPと生体の実装に感謝しつつ、経験値を溜める。

タートルアイランドダンジョン (by狩場情報ひっそり様)
07222-1.jpg
多々氷亀に囲まれMAを使用したい気持ちをそそりながらも、SBrにて一体倒して残りを殴りにて撃破する。
昔の狩りでは、良くこの氷亀との接触時に不意なデスペナを受ける事が在りMAの無い今回は、その接触を一番気にしていたが。

意外にも、スムーズに倒す事が可能だった事と狩場の絶対の人数からMOBの沸きの速さで氷亀に囲まれる状況も以前を比べて少ないのが死因を減らす良い結果となったのだろう。

07222-2.jpg
SPがカツカツとなり。EPを使用し連続して土亀を攻撃。
殴りにてSPの回復を図る方法を試す。
コレも、昔の狩りの時の方法を思い出した。

昔の2PC狩りを思い出すに当たって、亀Dでの狩り全盛期との違いを考えてみた。

○昔と今の違い。
AX編
JD狩りにて、『スキルの修正』を行い全体攻撃である『MA』を削った。

支援編
以前使用の2PCでの支援は、『VIT型』として育てる予定でINTを先行にカンストさせた形だった。
Lvも低く60代で、DEXも低い事からマニピ等の長い詠唱のスキル時に動きが止まる事が多々あった。
しかし、キリエ、グロリアを所持IMも5取得とAXのATK底上げをしていた。

しかし、今回の支援は思い付きで作り直した『7-7型ME』。
支援では無い為に、スキル面では昔の支援に劣りマニピ3、IM3でキリエ、グロリアを所持していない為にAXの支援としては、少しさびしい。
その反面、INTを抑えた、高DEX型のMEだった為に、詠唱が早く狩りをスムーズに進めてくれた。
Lv的にも完成には程遠いが2PC時既にDEX75を超えて居た事もあり詠唱速度としては申し分無いと言える。
マニピ3での切れるタイミングの速さやIM3でのかけ直しの修正を今回行う事となったが・・・。

全体的にも、前回よりも気持ちLvの高い支援はMEながらも後衛支援としては申し分無い感じだった。
2PC支援としてだが・・・。
グロリアのかけ直しが無い分、楽を出来たのかも知れない。

07222-3.jpg
狩り場全体の人数の少なさは、十分に乗せてきたがそれでも込み合う時間は存在する。
逆に少ない時間での狩りは、休憩する時間(緑亀の撃破回数)よりも土亀へのSBrが増える為にSPの厳しい面が多かった。
そんな時こそEPを使用し土亀を殴りにて攻撃しSPを回復する方法を取るが・・・。

わざとなのか、ペストや氷亀が沸き持ち替えを余儀なくされる事は少なくない・・・。
嫌がらせか?

07222-4.jpg
昔の亀Dの狩り記事見れば同じSSがあるかも知れない。
氷亀撃破時に氷亀がFD使用と同時にSBrにて倒してしまうと多々起きる現象。
SBrにて倒す時に氷亀がFDを使用してくると言う方が正しいのだろうか?
鎧をアンフロにするとか試した時もあったが結局支援側にてリカバリーをする事で解決した。
鎧のSTR補正を1番に考える事となった。

そんな事を考えつつ、経験値を蓄える。

それでは今日はこの辺で~ノシ
凍結、レアDROP、支援の死。
もうSS色々あるが今日の所は控える事にする。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
追い込み。(3)
みなさんにゃっはー。

追い込み開始3日目。
茨の道もまだまだ険しく。
ペアの非公平ばかりも頼んでいられないので、この際封印していた2PCの解禁をすることに。

タートルアイランドダンジョン (by狩場情報ひっそり様)
07221-1.jpg
追尾による2PCでの狩りも、ソロ狩り主流の時に覚えた一つの経験。

思い返す様に、色々と試行錯誤しつつも狩りを進める。

07221-2.jpg
マリッジペアと違いSPの回復が重要になってくるが、そこは緑亀を必死に殴り回復をする。

それも、緑亀だけが武器を持ち替えても無属性が故にSBrの一撃で倒す事が出来ない。
特化で殴り、その間に出来る限りSPを回復させる。

思い返す様に、土亀をSBr。
火海東剣にてSBrをし一撃で倒す。

07221-3.jpg
土亀をサクっと倒す事が可能なのでそこそこ狩りもスムーズで、リズムに乗って倒す事が出来るのは、モチベーションにもなかなか良い。

MOBに対しての持ち替えも頻繁に行う為に、手元がやたら忙しかったりするのも、慣れてくると楽しみの一つとして狩りをする事も出来るのがまた良い。

調整しつつの狩りとなったが時給にして2Mちょっと。
ハンティング靴装備での2PC追尾狩りは、以前に比べて人の少なさが時給にいい影響を与えてくれた。

今後も、ペアと混ぜてオーラへの階段を滑らない様に上って行きたい。

それでは今日はこの辺で~ノシ
たまに、氷亀での凍結が亀Dでの醍醐味だったりする。
アンフロ? なんのこっちゃい。

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る
生体研究所2F。(3)
みなさんにゃっはー。

4日目に突入した生体研究所2Fの模様を乗せたいと思います。
前回の教訓を生かし、今回へつなげる事の出来る狩りをする。
それが、前進する為の初歩だと信じて・・。

生体工学研究所2 (by狩場情報ひっそり様)
07113-1.jpg
今まで、『SBr専用武器を持ってない』事実に気がついて居ながらもINTの関係上、SBrを乱用できずに断念していたのですが。
ペア狩りにて今後SBrの用途が増えてきた事もあり。
この期に及んででは在るものの、GXクルセでも使用される武器を購入する事に。

DH海東剣+QAマインにてアサクロDOPにSBrを打ち込む事にてより早く倒そうとする作戦を・・。
思い立ったが案外遭遇しないもの事実orz

07113-2.jpg
07113-3.jpg
マジシャンDOP撃破時のSS。
武器は、属性海東剣とQHにてSBrを打ち込む。
マジシャンDOPは、自分のHPの減少により魔法を乱用してくるAIらしいので、減っている所に遭遇しない限りは魔法を使われたりはしない。
持ち替えをミスって、SBr後不意にHPが残ってしまうとSS等の魔法連打により痛手を受ける。
出会い頭に、ディーナにて相手を沈黙させ相手スキルを封じ安心して持ち替えからのSBrを打ち込む。

07113-4.jpg
07113-5.jpg
またしてもマジシャンDOPの撃破SSだが。
LA無しで1確殺出来るダメージを出す事が可能なのでLD使用後に合わせてSBrを入れる。
場合に寄っては、出会い頭の武器がマジシャンDOP用ならDLを待たずに処理する事もある。
出来る限りHPの減った状態での放置を避ける為に、デスペナを食らうだけのスキル連打を食らう事が無くとも倒す事にしている。

きっと、心がけは大事に思う。
持ち替えだけに在らず、囲まれた時のMOBの撃破最善順位もつける必要があるのかもしれない。
危険なのから倒すのが鉄則ではあるが・・。

07113-6.jpg
07113-7.jpg
SSのログから攻撃目標は剣士DOPだと分かる。
LAを必要とする為に、囲まれてた時もLAに合わせて出来る限りSBrを打ち込む。
倒す優先順位としても、剣士DOPは属性攻撃とクリティカル。
複数接近時にMBを使用してくる事から出来るだけ早く倒したいMOBの一匹でもある。

今後、慣れに加えてデスペナも減りつつあるが不意な安心から出るボロがデスペナに繋がらない用に注意する事が必要である。
と、自分に言い聞かせる。

それでは今日はこの辺で~ノシ
アサクロDOP戦は近日公開予定?

blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

神器スドリ大戦。
みなさんにゃっはー。

久々の放置露店。
夕方帰宅し、画面を見るや神器作成のロゴありけり。

夜も深まる頃になるだろうと、踏んでいたが。
時早まりし22時過ぎ。

戦いは始まった・・・。
061118-1.jpg
3次クエストが開始し、思った以上に早い時間に戸惑いながらも、スドリの地へと足を運ぶ。
今回で5戦目となるスドリ戦、男として負けられない。

鯖缶。

開始直後と同時に・・・。
スドリが確認できず、動き回り、結果エフェクトをON状態に戻した事がアダとなったか。。。

061118-2.jpg
動き、スドリを読み込むべく試行錯誤。

そして鯖缶。
悲劇増大orz

061118-3.jpg
鯖缶⇒再読込み⇒移動する⇒鯖缶。

全ては、仕組まれたエンドレス。
もう少し早く移動すればと悔いても後の祭り。

061118-4.jpg
すると。
諦めなかった事が運を呼んだか。
突然、人が現れ始めスドリ本体は見えなくとも、表示はされたご様子。
この気を逃すべく戦いを申し出る。

061118-4-1.jpg
同時に3次クエスト50人達成のログが流れる。
まだ、終わっては居ない、寧ろこれからだと・・。

061118-5.jpg
来た!!
と、叫びたくなるこの感覚。
やっと、出会えた強敵に笑みすらこぼれる。
今回こそはっ!

061118-6.jpg
痛恨の鯖缶。

鯖にキムチ詰まってますよ奥さんっ!!
なんだ・・・この嫌な空気は・・・。

061118-7.jpg
追い討ちをかけるように4次終了のログ流れる・・・。

そうか。
不戦勝を狙うつもりだったのだなスドリっ!

061118-8.jpg
今は戦ってる場合ではない。

戦ってう時に姿を眩ましたのは誰だっ!
こうして・・・スドリ5戦目は幕を下ろした・・・。

気が付けば、開演ベルばかりで幕は下ろしたままだったのかもしれない・・・。
悔しい以前に・・・やるせない気持ちだけが残る。

それでは今日はこの辺で~ノシ
スドリよ、まだ負けを認めた訳じゃいぞっ!

覚えてろよ~!!!!!!1111


blogランキングにご協力下さい。
FC2 Blog Ranking

web拍手ボタン
時間がねぇ~!!


ホームに戻る

Copyright (C) rio. All Right Reserved.
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。